you tubeを良く見るのである。

でも、定期的に見るページはだいたい3つか4つしかない。

一番良く見るのがココだ。

ユーザーID KBBTBcouncilさん。

どういう人か全く分からないが、この人、吹連(全日本吹奏楽連盟)の関係者に違いない。

全日本吹奏楽コンクールの歴代課題曲がほぼ全てアップされているのだ。それも、TKWO(東京佼成ウインドオーケストラ)の参考演奏だ。

全日本吹奏楽コンクールに出る際は、各都道府県の予選(団体が多いところは県大会に出場するための予選もある。神奈川など)があり、それを勝ち抜いて、さらに支部大会(東関東大会、西関東大会、東北大会、中部大会、甲信越大会、北海道大会、九州大会、近畿大会、四国大会、中国大会など)を勝ち抜かねばならない。

憧れの全国大会金賞受賞をめざし、春先に課題曲として発表される4~5曲の中から1曲選び、それに自由曲を1曲選び、計2曲を、7月の地区大会突破に向けて死ぬほど練習する。都道府県大会は8月頃、支部大会は9月頃、全国大会は10月に行われる。

本番は制限時間12分で課題曲、自由曲の2曲演奏する。タイムオーバーは即失格だ。

課題曲選びは恐らくどの団体も苦労する。好みの問題、技量の問題、自由曲との体力配分、時間配分の問題などなど、毎年苦労に苦労を重ね、自分達が今後数ヶ月間毎日毎日練習する課題曲1曲を決めるのだ。

みんなが好きだと思う曲と、上位を狙える曲が異なったり、自由曲でパワフルな曲をやろうと思えば、課題曲は軽めの曲を選びたいと思ったり、コンクールの選曲は一筋縄ではいかないのだ。

で、課題曲は毎年4~5曲発表されるが、楽譜は高いので、課題曲全ての楽譜はなかなか買えない。なので、まずは参考演奏のCDとコンデンススコアを買い、メンバー全員で何度も聞いて、指導者の意見も伺い、『今年の勝負曲』を1曲決めるの。

その参考演奏のほぼ全てを東京佼成ウインドオーケストラが演奏しているのだ。

you tubeのKBBTBcouncilさんは、この参考演奏のほぼ全てをアップしているの。

一日聞いていても飽きない。特に、自分が演奏した曲なんかだと、当時の記憶が鮮明に蘇って来る。毎日朝から練習した記憶、部室の外のおびただしい量のハトフンをずぶ濡れになって掃除させられた日のこと、当時つきあっていた先輩のこと、顧問の先生とガチけんかしたこと、コンクール当日のこと・・・いろんなことが蘇る。

ブラバン小僧でなかった人には興味ないページかも知れないけど、ガキおやじは速攻ブックマーク。ほぼ毎日のように、懐かしい課題曲を聴いているのでR。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/984-1fc6264b