花巻東高校の大谷翔平君、日本ハム入団を決めた。

良かった! ま、当然だわな。

いきなりメジャー挑戦とか、誰の入れ知恵か知らないが、野球人たる前に、まずは社会人だ。

社会人のイロハを学ぶにはアメリカではダメだ。

いくら実力があるとはいえ、それは狭い狭い日本の中でのこと。

マック鈴木にしろ田沢純一にしろ、いきなり米大リーグに行った人間で成功したものはいない。

だってオリエンタルなんだもん。体の造りが違うの。

キューバやベネズエラ、プエルトリコなどのメスチーソ系は、小学校高学年くらいから、大リーグの育成選手として契約し、中学出たら大リーグの支配下におかれ、徹底的に仕込まれるの。

もともと体の構造が違う上、右も左もわからないうちからメジャーリーグの掟を学ぶの。

日本のプロ野球も知らない子供が通用するはずがない。

それよりも大谷君にはもっと大事なミッションがあるのだ。

まずは人寄せパンダに徹して欲しい。

すなわち、阪神に入団した大阪桐蔭の藤浪君と投げ合うことだ。

幸い今は交流戦がある。君の最初の仕事は観客をたくさん呼び寄せ、NPBに金を呼び込むことだ。

マー君と斎藤佑樹君が繰り広げた人寄せ合戦をもう一度やることだ。

そして、君の大先輩である菊池雄星君の尻拭いをしなければならない。

期待しているぞ。

それと、『投手と打者の二刀流』の件だが、球団はそんなこと本気で考えてはいないぞ。

DH制のパ・リーグでは不可能だ。

君は投手として生きるのだ!

さらに言うと、もし君が先発型を目指すなら、160km/hのストレートは必要ない。それよりも140km/hのスライダーかフォークボールをコントロールよく仕上げた方がナンボもいいぞ。

さらに120km/h以下のカーブかチェンジアップがあれば鬼に金棒だ。

もし君が、『自分は王貞治よりも実力が上』だと思うなら、投手の道は即座に捨てるべきだ。

『世界の王』だって、投手として甲子園を沸かせたが、プロではピッチングは全く通用しなかったんだから。

君は熱心に口説いてくれた球団と栗山監督を『人生の恩人』として、感謝の気持ちを持ち続け、日本ハムの栄光はたまた日本プロ野球の隆盛のために粉骨砕身しなければならない。

メジャーなんか使い捨てだぞ。川崎や井川がいい例ではないか。

野茂は別格。野茂が成功したのは、実力はもちろんだが、それよりも『かつてメジャーリーグには居なかった』タイプの男だったからだ。

トルネード投法とあのフォークボール。野茂はカーブは投げられないし、ストレートだってそんなには速くない。

あのフォームとフォークボールがあったから成功した。

正直160km/hのストレート投げるヤツはアメリカには掃いて捨てるほどいるぞ。

とにかく日本ハムで頑張ってくれ。

交流戦で阪神の藤浪君と対決する日を楽しみにしている。

花巻東高校の室内練習場を借りて草野球のトレーニングをしたことがあるガキおやじはもちろん君を応援する!  
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/947-6c803d26