サンタクロースの存在をマジで信じているバカ娘とバカ息子。

息子はまだ7歳だからいいけど、娘なんか5年生にもなって、未だに信じている様子。

んー・・・娘のヤロー、狡猾なのかバカなのか・・・。恐らく後者だな。あいつにはサンタクロースの正体を知った上で親にカマをかける様な狡猾さは持ち合わせていまい。

娘のバカは、ミシンが欲しいとか吐かしている(笑)。

『サンタのヤローだってなぁ、予算ってのがあって、プレゼントの金額もいくらしてもいいって訳じゃネェらしいぞ。』

・・・諦めたようだ(爆)。代わりに何をサンタにお願いするか、まだ結論が出ていないらしい。

対して息子は即断即決。数ヶ月前から、『アディダスの腕時計が欲しい』と言っていた。

・・・息子、時計読めるのか? ・・・一年生なら読めるのかな?

『デジタル式の時計の方がいいんじゃないか?』

『いや、針の時計がいい。デジタルはかっこ悪い!』

・・・生意気な・・・。


↑って訳で、息子に代わって父ちゃんがサンタヤローにお願いしておいたぜ!!

・・・明日には届くな。どっかに隠しておかなきゃな(笑)。



↑ちなみに、父ちゃんはこれをサンタにお願いする。サンタさん、ヨロシク!!
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/939-c3b97dca