明日、11/26は娘の11歳の誕生日なんだけど、誕生日プレゼントは自転車と言われていた。

今娘が乗っている自転車は、小学校2年生の時に買った22インチの子供自転車だったのだが、もうかわいそうなほど小さくなってしまっていた。

病み上がりのガキおやじ、散歩がてら娘と近所の『サイクルベースあさひ』へ。

『今度は変速付きがいい』と言われていた。そりゃそうだよな。息子の自転車にもついて行くの大変だったもんな。予算20,000円以内で、高校卒業くらいまで乗れそうなのがあったらいいな。

なんて思っていたら、『コレがいい!!』と、ある一台にロックオン。

うわ、生意気な・・・。

よりによって、女王様はミキストバイクを所望された。

あさひ・ラトゥール ミキスト 26インチ ドラマ『息もできない夏』で、武井咲ちゃんが乗っていたそうです。
↑あさひオリジナル・『ラトゥール・ミキスト 26インチ LEDオートライト仕様 外装6速 シマノREVOシフター』です。

ミキストバイクとは、通常の菱形フレーム(前三角と後三角の構成)とは違い、トップチューブ(前上部のチューブ)がそのまま後輪まで一直線に伸びるメインチューブの他、シートステー(シートポストから後タイヤに伸びる斜めのチューブ)、チェーンステー(後輪からBB(ペダル軸の中心)を繫ぐ下チューブ)で構成されるトリッキーなフレーム。

もともとフランスで開発され、ヨーロッパではメジャーなフレームだが、日本ではここ数年じわじわと流行りだしたフレーム。トップチューブを下げることで、スカートを履いた状態でも乗り降りがしやすいこと、また、各チューブの本数を増やし、一本一本を細くすることで軽量化を図れるメリットもあるようだ。

何故娘がこの自転車を選んだのか?

娘に自転車のスペックを見定める眼はない。デザインが気に入ったのは大きな理由のひとつであるのは分かる。

しかし、それよりも大きな理由があった。

くそー、娘のヤロー、調べてやがった・・・。

ガキおやじは知らないのだが、今夏放送されていたフジテレビのドラマ『息もできない夏』で、ヒロインの武井咲ちゃんが乗っていた自転車なんだそうだ。娘はこのドラマを見ていたらしい。

実際、武井咲ちゃんが乗っていたのは、このモデルのライトグリーン(ビアンキ・チェレステカラーとほぼ同じ色)だったらしいのだが、娘は白をセレクト。なかなかいいセンスだ。

LEDオートライトのフロントライト仕様。カゴがなかなかオシャレですね。
↑今は無きサンヨー(パナソニックになっちゃったけど、ブランドのみ残っているのね)製ハブダイナモ+LEDオートライト。フロントセンターマウントってのがいいね。カゴもベース部が本物の植物製バスケットになっていておしゃれだな。

オプションは特に何もつけなかったのだが、店員から『この自転車、ドラマで武井咲さんにご使用いただいた影響で、大変売れている自転車なんですが、盗難報告がとても多いので、是非盗難保険への加入をお奨めいたします!!』とか、ウソかホントか分からないがもっともらしいことを言われ、2年間2,700円の保険を付けさせられた。

結局予算は大幅にオーバーし、総額29,925円。。。うへぇ・・・すげぇ高く付いてしまった(>_<)

娘よ、実際の体格よりちょいと大きめのを買ったんだから、高校卒業くらいまで大事に乗ってくれよな。

取り敢えず、息子と3人で江ノ島行こうぜ!!
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/929-8f4fe19f