釣具の保管は、今までは、室内のクローゼット内だったり、或いは、ベランダに置いた、100リットルのキャニスターボックスでしていた。

流浪の転勤生活。岩手在住時は、マンションの外に各戸の物置小屋(スタッドレスタイヤ収納用のトランクルーム)があって、そこにぶち込んでいた。川崎のマンションでは、メインの南側ベランダの他に、北側にも全く利用価値のない小さなベランダがあったので、釣具置き場にしていた。

栃木のマンションは、3畳のサービスルームと1畳のウォークインクローゼットがあったので、1畳のクローゼットを釣具専用にしていた。

海老名のマンションが困ったのよ。室内には収納スペースが殆どなかった。ベランダも激狭だった。狭いベランダにキャニスターボックスを3段重ねにして置いていた。竿や網などの丈のあるものは、リビングのテレビの後に立てかけていた(^o^;

キャニスターボックスが一杯になるたびに買い足し、ベランダはさらに手狭になってしまった。妻からは、事あるごとに『釣具を何とかして!!』と言われてきた。

で、ようやく購入した藤沢の中古マンション。ここはベランダが今までのどの物件よりも広い。南側3部屋のワイドスパンで、ベランダの奥行きが1.8m、長さが9,8mある。海老名の奥行き1.3mとは比較にならない。さらに東側には38.9㎡(24畳相当)のルーフバルコニーもある。玄関入ってすぐ横には1畳の物置スペースの他、子供部屋、寝室にもウォークインクローゼットがある。収納スペースには困らない。

しかし、南側ベランダは、妻のガーデニングスペースとして占拠された(笑)。ルーフバルコニーは今のところ特に用途がなくて困っているのだが、せっかくの広いスペース、ゴチャゴチャモノは置きたくない。また、管理組合から、ルーフバルコニーには景観を損ねるモノは置くな、床にアンカーは打つなとか、いろいろと言われているので、これからもこのスペースは何にもしないかも。

ここに引っ越してきてから今まで、玄関入ってすぐ左側の物置スペースに釣具をぶち込んでいたのだが、妻から『どかして!!』と入居以来ずーっと言われていた。ここは家庭用品の備蓄、或いは食料庫として使うとべきであると主張。ぐーの音も出ない(笑)。くそー、ベランダは占拠されたから、キャニスターボックスをいくつも置くわけには行かない。ってわけで、マンションのベランダにチョッと置ける、背の低い物置を探していた。

俺専用のオモチャ箱だから、新品である必要はない。展示品を安く買おうと、結構探したのよ。室内展示品だったから、多少キズはあるものの、サビなんかどこにもなかったよ。これはお買い得。

稲葉製作所・シンプリー MJN-135B
↑ついに見つけたぜ!! 稲葉製作所・『シンプリー・MJN-135B』。定価47,250円(配送・組立費別)のところ、展示品処分価格で19,800円。このまま配送してくれと頼んだのに、一旦バラさないと配送できません・・・と。ま、ウチのエレベーターに入らないだろうから、解体は仕方ないな。

解体料3,000円、配送料1,000円、組立料5,000円という。ケッ、うまくできてやがるな。19,800円で買おうと思ったら、軽トラックで乗りつけ、このまま持って帰れってことか。

組立は自分でやるからいらない。ってことで、計23,800円でした。

幅135cm、高さ110cm。マンションのベランダにジャストフィット。高さ110cmならば、アンカーを打つ必要もない。ブロック4個敷いて上に置いただけ。水準器付きで、4隅のアジャストボルトで簡単に水平が取れる。イナバの『らくらく水平』機能は、最大32mmの傾斜調整が出来る。コレって結構便利なんじゃない?

ぎゃはは!! 俺のオモチャ箱だぜ!! 整理整頓すればまだまだ収容力あるぜ。
↑ぎゃはは!! 全部父ちゃんのオモチャだ(^o^)v ちゃんと整理して収納すれば、まだまだたくさん入るぞ。竿と玉網の長モノだけ玄関の物置に。

妻よ、ココに私物を収納するべからず(笑)。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/899-a3d712a6