10/13(土)。今日はチタン君との2012年リーグ戦後半開幕試合。

戦地は福浦岸壁です。

実はチタン君から前夜、別の場所を提案されていたんだけど、ガキおやじには思うところがあり、明日は福浦じゃなければダメだったので、『福浦でヨロシク!!』と返信していた。

思うところとは、ブログ仲間で、福浦岸壁を知り尽くすノリメジナ師で、福浦釣りブログ、『爆釣! 福浦岸壁 中年Business tool 第二章』を運営されていらっしゃるキリンさんと初めてお会いできるかも知れなかったのです。

AM3:00起床。4時前にチタンハイヤーが到着。いつもいつもスマンのう・・・。

5:00現着。日の出前の福浦。気合入るね!
↑5:00現着。当然真っ暗ですよ。この写真はISO1600で撮影したため、こんな写真になっています。ヘッドライトで本日のベースを探します。するとAM5:12、携帯電話が鳴ります。びっくりしました。キリンさんからのメール。『どこにいますか?』

おぉ、早くベースを張らねば。『テトラ帯のすぐ南側にいます。ジーパンの左足にタオルぶら下げています!』さて、コレでお互い分かるんかな?

テトラ帯の南端にベースを張ります。
↑と言うわけで、テトラ帯南端のすぐ南側にベースを張ります。チタン君は青物狙いでカゴ投げと弓角キャストの2本、ガキおやじは、本気投げと胴突きちょい投げの2本でスタートです。釣れますように!!

日が昇ってきました。日の出は5:47でした。
↑程なくして日が昇ってきます。本日の日の出は5:47。しばらくすると、ブログで見覚えのある自転車『GIANT SUITTO 2012』がやってきました。キリンさんです。 どうも! はじめまして!!

いろいろとお話させていただきました。お子さんのこと、お住まいのこと、会社のことなどなど。楽しかったですね~♪ キリンさんは我々の隣にベースを張り、ノリメジナ釣り開始です。

我々はというと・・・ガキおやじの胴突きちょい投げが火を噴きます。一投一釣ペースでガンガンアタリが来ます。

早速胴突きちょい投げに良型のベラがかかります。即リリースのはずなんですが、子供が食うから持って帰れと。。。
↑全てベラだけどorz...かかってもかかっても全てベラ。それも全てキュウセンです。もう・・・イヤ。でもまぁ、ひっきりなしに竿を曲げてくれるから、退屈はしないね。15m~20m程度の胴突きちょい投げ、一応狙い通りってとこかな。本当ならポイなんだけど、子供たちから持って帰って来いと言われているので持ち帰ることに(>_<)

対してチタン君は、朝間詰めのゴールデンタイムを弓角を投げ続け、青物を狙いますが、ウンともスンとも言わなかったので、カゴ投げを開始。しかし、猛烈に潮が速く、仕掛けのコントロールに苦労している感じです。

キリンさんはさすがに福浦を知り尽くす男。20cm級のメジナをポンポン釣り上げて行きます。すげーっ!!

それよりも何よりも、キリンさんがスゴイのは、殆ど金を使わずに釣りしていると言うこと。

エサは現地採取のノリ。コマセは使わず、毎回消費するのはガン玉と針のみだと言うんです。一日30円くらいしか金を使わず、メジナを確実に仕留めて引き上げるそうです。恐るべし!!

ガキおやじはずーっとベラ地獄。さすがに辟易し、食わせを青イソメからアサリに変更した一投目、今までの鋭くて大きなベラのアタリとは明らかに違う、小さく『コココ・・・』って感じのアタリ。ヒョイとあわせを入れると・・・。

久々のカワハギ。一応キープってことで。
↑にゃはは!! カワハギです。さすがアサリ効果絶大。ワッペンサイズだけど、久しぶりのカワハギなので、一応キープ。

胴突きはその後もチビカサゴがかかったりして絶好調ですが、本気投げはメゴチが1匹掛かったきり、ヒトデのオンパレード・・・全然釣れません。

チタン君、カゴ投げ仕掛けにも全く反応がありません。投げ釣りにチェンジ。しかし魚は半ば諦めモード。投げ竿を一本ぶん投げて放置したまま、タコスッテでイイダコ釣りを始めます。

魚を諦めたチタン君、スッテ仕掛けのイイダコ釣りにチェンジ。
↑目論見どおり、イイダコをGET!! この後、チタン君はイイダコを都合7杯釣り上げました。

ガキおやじは、ゴールデンタイムが去り、釣れない時間に突入。ラジオに没頭し始めます。

すると、10時を越えたころでしょうか? チタン君の投げ竿になにやら生体反応が。

放置しておいたチタン君の投げ仕掛けになにやら生体反応が。
↑を、何だなんだ? ヒトデじゃねぇの?

上がってきたのは、なんとカレイ!! 25cm。
↑うぉーっ!! カレイじゃんか!! それもいいサイズだぜ。25cm。お刺身サイズだ!! へぇ、まだカレイにゃ早いと思っていたんだけど、いるんだねぇ!!

そして・・・

そして立て続けに・・・31cmのカレイ!! チタン君、逆転の勝利宣言!!
↑ど~ん!! 連発!! それもついに尺越えです。31cmのカレイ!! チタン君、ココで早くも勝利宣言です。

ガキおやじも何とか一発逆転を狙いますが、本気投げは全く火を噴かず・・・。胴突きちょい投げでカワハギを1匹追加するのがやっとでした。

結局チタン君完勝の正午納竿。

【RESULTS】
チタン・・・イイダコ×7、カレイ×2(25cm、31cm)
ガキおやじ・・・ベラ×14、カワハギ×2、メゴチ×1、カサゴ×1

クーラーボックスが真っ黒だ(笑)
↑イイダコの墨でクーラーボックス真っ黒。よく見えないけど、カレイの存在感が際立っています。メジナが一匹入っていますが、これはキリンさんに頂いたものです。キリンさん、ありがとうございました!!

胴突きで探っていたポイントは悪くなかったんだけど、根がきつく、針を30本近くロストしてしまいました。丸セイゴ8号でスタートし、弾薬尽きるたびに9号、10号、11号、12号と手持ちの針を大きくするしか手がありませんでした。今日は11号、12号は全く魚を掛けられませんでした。アタリはひっきりなしだったのに残念でした。。。

針はいっぱい持ってなきゃな、反省。

それにしてもあんなカレイが居るなんて、福浦恐るべし。青物は今日は廻ってこなかったみたいだけど、南側トイレ前ではサバや45cmのイナダも上がっていたようです。いやいや、福浦恐るべし。次も福浦でやろうぜ!!

終了後はチタン邸で反省会。久しぶりに獲物で宴会やったね!!

煮タコ。うま~!!
↑煮タコ。うんめぇ~!!

カレイの刺身!! うま~!!
↑カレイの刺身。うんめぇ~!! 小ねぎ散らしてポン酢で頂けば・・・あら不思議、ふぐ刺しに早変わり(笑)。

いやいや、ホント30cm越えのカレイはいいね。次は俺が絶対に釣るからね!!

さてさて、ベラとカワハギと頂いたメジナは、ガキおやじ家の子供のお土産に。翌日調理しました。

カワハギは肝を和えてナメロウに。息子の大好物。
↑カワハギの肝を和えたなめろう。息子も娘も感動していたよ。あぁ、コイツら、飲兵衛になるんだろうな(笑)。

ベラは身がブヨブヨで、刺身には全く不適。面倒だから全部塩焼きにしてしまった。12匹もありやがった。
↑ベラは・・・身がブヨブヨで、全く刺身には不適。結局頑張って2匹刺身に、残り12匹を塩焼きにしたんだけど、塩焼きはまあ、おいしく食えたね。

メジナも塩焼き!!
↑メジナも塩焼きに。コイツは絶品でした。20cm前後ってのがちょうどおいしいサイズなんだな~。ご馳走様でした。

福浦岸壁、神奈川県内あちこちの釣り場が悉く立ち入り禁止になってしまった今となっては、神奈川県内の陸っぱり釣りポイントの最高峰なんじゃないかと思うほど、ポテンシャルを目の当たりにした一日でした。恐るべし!!
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/883-7a1d1ffa