今日はせっかくの釣り日和だったのに(台風の影響で南風が厳しかったかな?)、扁桃炎でダウンした息子と二人、終日お留守番。人生ゲームやらされ、モノポリーやらされ、パソコンの釣りゲームで対決し、釣りするより疲れたな(笑)。暑かったしな・・・。

ポストを覗いたら、先日購入した、ABU GARCIA CARDINAL C104-Cのために発注していたラインが届いていたので、早速巻いたよ。

ABU GARCIA CARDINAL C104-CにPEライン2号を150m巻きました。
↑ナイロン4号のキャパが160mと書いてあったので、PE2号(20lb)なら同じくらいかな? ナイロンの号数とPEの号数の換算が全くワカラン。PEは、製品によってフィラメントの本数が様々だったり、異種材が混じっていたりで、号数と太さの相関性があまりないんだろうな。

ガキおやじがエギング・ジギング用に使っている、リョービ(上州屋) OASYS 3000 に巻いてある、よつあみ『パワーハンター 1号(比重0.97)』は、スーパーダイニーマの4本撚りだが、今回の『G-SOUL SS112 2号(比重1.12)』は、ウルトラダイニーマ4本+比重を上げるためのスーパーエステル4本の8本撚りだから、当然仮に同じ号数でも太さが違うだろう。

下糸なしで150mでちょうど良かったかも。あと10m~20mくらいは巻けそうだけど。

ショックリーダーは結局フロロカーボン4号を1ヒロ。
↑この『G-SOUL SS112』は、思っていたより随分硬かったな。やっぱりポリエステル系のモノフィラメントは硬いんだな。おかげでリーダー締結するのは楽だったよ。フロロカーボン4号×1ヒロをノーネームノッドで。

スプールの巻き糸キャパを良く見ると、コレ、糸の太さなんだな。0.3mmで185m、0.35mmで135mだから、今回巻いたのは0.3mm~0.31mmってところか。だとすると、太さだけで言えばナイロン4号相当だな。ナイロン4号の太さで張力20lb(約9.1kg)は素晴らしいね。ナイロンの4号と5号では全然太さが違う。

ガキおやじは、使用感はナイロン3号が一番良いと思っていて、強度はナイロン5号がガキおやじの実用域では万能だと思っている。

ナイロンに近い1.12の高比重PEだし、ポリエステルとのハイブリッドでコシがあるので、ガイド絡みなども相当軽減されるに違いない。マルチにこき使いたいね。

・・・でだ! 明日は台風のせいで出撃できん。クソッ!!
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/866-6b812e21