真夏の釣りにおいて、招かれざる客、すなわち『エサ取り』の猛攻に悩まされることがある。

フグ類、ベラ類、スズメダイ類、ボラ、テンジクダイ科の類、ハオコゼ、ゴンズイ、ヒイラギなどなど、基本的に食えない(フグ類、ハオコゼ)あるいはあんまり美味くない(ベラ類、テンジクダイ類、ボラ)あるいはさばくのが面倒臭い(ヒイラギ、ゴンズイ)という、勝手な理由で釣り師に嫌われている魚たち。

こういう魚は雑食性だが、特に一般的な釣りエサである、オキアミ類、イソメ類には特に大挙して押し寄せてくる。

自分が狙っている魚があるのなら、その魚の食性を研究し、他種があまり食いつかないようなエサ、あるいは、そのお目当ての魚種が、他の雑魚を蹴散らすほど食いが良いレアエサを使うのが特効薬である。

チヌ釣りにおけるスイカ、サナギ、ユムシ、冬のブダイ釣りにおけるハバノリ、カワハギ釣りにおけるむきアサリ、カレイ釣りにおけるコガネムシなどが該当しようか。

しかしガキおやじ、基本ビンボー性であり、高い特殊なエサは買わない。また、サナギ、スイカなど、チヌには特Aランクのエサかもしれないが、エサ取りがまったく見向きもしないとなると、それはそれでさびしいのだ。

エサ取りをそこそこ回避できて、本命が釣れる確率が高くなる、安くて入手性の良い特効エサはないものか? そんな虫のいい話を具現化するためにあれこれ調べ、やってみるのも楽しい。

最近、ガキおやじはイカソーメンをさらに細かく切ったものを使う。サビキ釣りでアジの比率を高めるために、スキン針の先端につけてみたり、ウキ仕掛けの針に2~3個つけてみたり、5cmくらいの短冊のまま胴突き投げ仕掛けに使ったりしている。

今のところ、胴突き投げではカサゴが、ウキ釣りではメバルが良いみたい。まぁ、イカは汎用性が高いエサなんだけどね。フグは回避できないけど、ベラ、ヒイラギが回避できるのが嬉しい。

また、テトラポット、地磯でグレ・チヌ狙いの場合はフナムシもエサ取り回避に使えます。捕まえるの大変だし、針に刺すと黄色い汁が出てきて気持ち悪いけど・・・。まさに海のゴキブリ。。。

ガキおやじは、フナムシはホントにたまーに使う。エサがなくなっちゃったときの最終兵器かな。でも、小さいメジナが入れ食いになったことあるよ。コイツはフグもベラも見向きもしないね。エサ取り回避効果は大きいよ。

もっとも、人工エサが進化した現在は、エサ取り回避の最高の手段はワームなのかもしれないんだけどね。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/79-2720d5a1