2012.06.01 交流戦
あんまり書かないけど、ガキおやじは野球が大好きなのです。

今、セ・パ交流戦の真っ最中。

過去の交流戦の優勝チームはすべてパ・リーグのチームにかっさらわれている。

何十年も前から言われている『人気のセ・実力のパ』を証明しているのだ。

しか~し、今年は我が巨人軍がぶっちぎりでセ・リーグの初優勝を手にするのだ!

妹からもメールが。『交流戦に入ってから勝率が神だね!』

ぎゃはは!

ガキおやじも妹も、生まれつきG党なのだ!

父親の影響かな?

父は『巨人・大鵬・玉子焼き』の王道を行く戦前(S14)生まれの男だったからな。

アンチGの気持ちもわかるのよ。ガキおやじも、ナベツネは早く隠居すべきだと思うし、金で選手を買ってくる体質も大嫌い。

でも、しゃあない。巨人は今でこそTVで放映する試合もほとんどなくなったけど、ガキおやじの少年時代は、シーズン130試合すべてTV放送してたから。

それに多摩川グラウンドが近かったから、しょっちゅう自転車で巨人の練習見に行ったし。

長嶋の引退試合は後楽園で見たし、王の756号ホームランもTVで見た。

中畑の現役最終打席の2塁打も見たし、吉村のサヨナラホームラン優勝決定試合も見た。

ヤクルトの伊藤智仁のノーヒットノーランを打ち砕いた篠塚のホームランも見た。

ノーヒットノーランまであと一人が一転、負け投手になった伊藤、グラブをマウンドに叩きつけたのが印象的だった。

伊藤智仁は、巨人戦でもう一度ノーヒットノーランチャンスがあったんだけど、こちらも中日から移籍したばかりの落合にホームラン打たれて負けてるのよ。

伊藤智仁にとって、巨人は恨んでも恨みきれないチームであるに違いない。

星野仙一が現役時代から『打倒巨人』を標榜してるけど、巨人嫌いはホントは伊藤智仁が一確なのよ(笑)。

さて、ガキおやじにとって、忘れられない試合がある。

10.8名古屋決戦。シーズン最終戦、中日と巨人が同率首位で、この試合に勝ったほうがリーグ優勝という、失禁ものの大一番。

ガキおやじは会社を早退し、スポーツカフェへ。

巨人は槙原、中日は今中だったかな? の投げ合い。

万年2位の高木守道監督率いるドラゴンズ、それもナゴヤ球場。

完全アウェーのジャイアンツ。

息詰まる投手戦。

最後はリリーフ桑田の伝家の宝刀であるカーブが決まり、見逃し三振、確か6-3で巨人が優勝した。

ガキおやじはションベンはチビらなかったと思うけど、全く知らないオヤジと抱き合って喜び、朝までそいつと飲んで、次の日会社休んだ(爆)。

まぁ、当時は20代で独身だったからなあ。

ここ数年、巨人は弱い。『船頭多くして船山に登る』状態。

しかし今年はいいね。

カギは高橋由伸。彼が一年働ければ巨人のVは揺るぎない。

坂本、阿部、長野、亀井、高橋の5人で70本塁打は堅い。

あとはピッチャーだ。

越智が難病の治療で今シーズンダメだ。山口、東野、内海だけではこころもとない。

往年の斎藤雅樹のような先発絶対神、或いは角三男のような絶対的なクローザーが必要だ。

今年こそ、巨人vsロッテの日本シリーズを見せてくれ!                    
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/750-a76e2e31