5/1のツーリングで転倒し、負傷したガキおやじですが、今日は負傷したおニューの自転車、英国RALEIGH社・ラドフォード7 2012モデルのトップチューブのタッチアップに挑戦です。

先に言っておくと、ガキおやじは病的な不器用です。子供の頃から図画工作が大嫌いでした。中学校の技術科の授業はもっと嫌いでした。当然普段DIYは一切やりません。何やってもヘタだから妻に禁止されているからだけど(笑)。

アルミフレームの地肌まで出ている傷です(泣)。
↑ひどいでしょ? フレーム材のアルミの地肌が露出しています。これはタッチアップ塗装だけでは修理不能です。パテ埋めからはじめましょ。まずはパーツクリーナーで傷口周辺を脱脂します。

600番の耐水ペーパーで地をあらし、足付けします。
↑脱脂が終わったら、600番の耐水ペーパーで、パテの食い付きを良くする為の足付け(研磨)をします。

パテを傷口に盛ります。後で研磨するので多めに。
↑パテを傷口に盛り付けます。後で研磨して行きますので、チョット多めに盛ります。乾燥して行くと肉痩せするので、こんなに盛って大丈夫? ってくらい盛ってもOK。

1000番の耐水ペーパーでパテ埋めした箇所の高さを周囲とならします。
↑パテが完全に硬化したら、1000番の耐水ペーパーで根気良く盛り上がったパテを研磨して行きます。力をかけて磨くとすぐにパテ部が凹になってしまうので、やさしく、時間をかけて研磨して行きます。水切れを起こすと深キズが入るので、こまめにペーパーを水につけながら作業します。指でなでて、パテ面と塗装面の高さを確認しながら、塗装面とパテ面の境目が分からなくなれば終了です。

塗装マスキング。
↑塗装マスキングをします。焼付け塗装ではないので、見切り部のテープは何でも宜しい。今回はウチにあったガムテープ(笑)。

スプレーを吹いて、乾いたらまた吹き、乾いたらまた吹きを、4回繰り返しました。
↑タミヤカラーを吹き付けて行きます。厚く吹いてもいい事は何もありません。少し吹いて、乾燥したらまた吹いて、乾燥したらまた吹いて・・・今回は4回繰り返しました。

マスキングをはがしたところ。ここから仕上げ作業です。
↑マスキングを剥がしたところ。色目、グロス(光沢)感ともに、タミヤカラーのツヤありブラックとバッチリ一致しています。たまたまだけど(笑)。あぁ、フレーム色をグロスブラックにして良かった(^o^)v

ここから、神経と根気をフルに使う、仕上げ作業です。妻にDIYを禁じられているブキッチョの俺に出来るのか? まぁ、ここで作業終了でもいいんだけど(爆)。

1200番の耐水ペーパーをかけます。
↑1200番の耐水ペーパーを軽くかけます。

1500番の耐水ペーパーをかけます。
↑その後、1500番の耐水ペーパーをかけます。

2000番の耐水ペーパーをかけ、従来塗装面とタッチアップ塗装面の段差を完全になくします。
↑最後に、2000番の耐水ペーパーをかけて行きます。この2000番で、旧塗装面とタッチアップ塗装面の段差を完全になくします。2000番だけで30分以上かけました。これでフレームキズのタッチアップは完了です。

最後に、このまま白ボケが残った状態では、どうにもこうにもいつものガキおやじになってしまうので、今回は気合を入れ、この白ボケを消して行きます。

細目コンパウンドで磨き、白くなってしまったキズを目立たなくして行きます。
↑タミヤ・細目コンパウンドで、白ボケを磨いてゆきます。注意することは、一方向に磨くこと。縦横斜めとか、メチャクチャに磨くと、周囲とのツヤ感が合わなくなります(修正部の光沢が上がりすぎる)。二軸式のダブルアクションサンダーを持っていれば、あっという間に白ボケが消せるのですが、そんなもん持っている素人はいねぇわな。

仕上げコンパウンドで根気良く磨き、白キズをほぼ消しました。素人の限界です。完成!!
↑最後の最後、仕上げコンパウンドで根気よく磨きます。白ボケはほぼ消えたぜ! ぎゃはは!! 俺にも出来たじゃん(嬉)。まぁ、プロがやればもっとキレイに仕上がるんだろうけど、トーシローの俺にはコレが限界。大変良く出来ました(花丸!!)。

以下、本日のタッチアップ作業の材料です。

タミヤパテ。2液エポキシではないので、硬化後のパテは脆くなります。
↑タミヤパテ。

タミヤカラー・ツヤありブラック。チャリンコのフレーム色がグロスブラックでよかったぜ。
↑タミヤカラー・ツヤありブラック。

タミヤ・細目コンパウンド。
↑タミヤ・細目コンパウンド。

タミヤ・仕上げコンパウンド。
↑タミヤ・仕上げコンパウンド。

タミヤ・耐水ペーパーセット。
↑タミヤ・耐水ペーパーセット。前処理用セットと仕上げセット。

ぎゃはは!! 全部東急ハンズで購入。材料費2,600円でした。

タイオガ・バーエンド『パワースタッド5』を取り付けて完成!!
↑最後に、前から買っておいていた、タイオガ・バーエンド『パワースタッド5』をハンドルバーの両端に取り付けて、全ての作業が終了しました。

・・・あとは手首の痛みが完全に治れば完全復旧だぜ!!

コレが一番よろしくないんだけど(笑)。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/732-3d84e8e8