5/1(火)のツーリングで落車し、バカが負傷したのは既報のとおり。負傷当日飲んだくれ、輪行で帰ってきたのも既報のとおり。

で、帰宅して、輪行袋をベランダに置いたまま、土砂降りの雨が2日間。ガキおやじは手首を負傷しているので開梱もままならず、雨ざらしにしてしまった。

で、さすがに何日も輪行袋のまま雨ざらしって訳にもイカンと思い、今日、体が痛いのを我慢して、とりあえず開梱して、車輪を嵌めた。

転倒の影響で、変速機がおかしくなったので、ディレイラーの調整をしようと思って車体をまじまじ見ていたら異常が発覚した。

シフトワイヤーのアウターが・・・ 新車なのに・・・裂けています。これは自転車屋のせいではなく、もともと付いていたインナーワイヤーが悪い。
↑コレは、リヤディレイラーへと続くシフトワイヤーのアウターなんだけど、アウターキャップの片方が飛んでなくなっていて、アウターカバーの端末がボロボロに裂けていた。

何のことか分からないでしょ?

シフトワイヤーの一番後方、この部分のワイヤーが破損。。。
↑この黄色い丸印の部分のワイヤーが破損していたの。

よーく見たら、このアウターカバーの中を通っている、インナーワイヤー(SUSの撚線)の1本が切れていて、それがささくれ立った状態で、シフトチェンジのたびにアウターカバーを傷つけていた可能性が高い。

切れたSUS線の一本が、アウターカバーの中でメチャクチャになっていた。これはチャリンコ屋の整備不良ではなく、台湾の工場を出荷する前に起こっていた、ワイヤーの不良だ。すなわち、メーカーの不良。

気がついてよかったよ。気づかないでも普通に走ることは出来るし、ある程度までなら変速も出来る。しかし、ツーリング先で突如ワイヤーが切れたりしようものなら、また輪行だ。また飲んじまう(笑)。

っつーことで、新車にも拘らず、リヤシフトワイヤーを全交換することに(泣)。

今までこんな不具合、一回も経験ねぇぞ。ドン・キホーテのナンチャッテスポーツバイクだって、ダイクマのおバカサイクリング車だって、一度もワイヤーの不具合なんかなかったぞ。

で、全身が痛いのを圧して、サイクルベースあさひへ。ま、徒歩2分だけど(笑)。

シフトインナーワイヤー。サイクルベースあさひで400円。
↑shimano・シフトインナーケーブル。400円。

Birzman ケーブルカッター BM08-CC 2,680円。
↑Brizman ケーブルカッター BM08-CC。2,680円。家にあったニッパーではまったく歯が立たなかった。ホントはシマノのケーブルカッターが欲しかったんだけど、4,400円もしやがったのでコッチで。ま、殆ど使うこともあるまいて。

さて、アウターカバーが売ってねぇ。何でだ? 売り場には、インナーケーブルとアウターカバーがセットになったものは売っていた。しかし、シフトワイヤーセットもブレーキワイヤーセットも、2セットずつ入って1,600円。2本もワイヤーいらねぇし、フロント側のアウターはそのまま使えるからいらない。

店員に、『アウターだけって買えないんですか? リヤディレイラーの部分だけアウターが必要なんで、1mもあれば充分なんですが・・・。』と言ったら、

『差し上げます』と、修理コーナーに常備してあったリールから1m程カットして、両端末のキャップまでつけて、タダでくれた。ありがとう!! 言ってみるもんだなぁ(笑)。

アウターワイヤー1mとキャップ2個はタダで頂いてしまいました。あさひさん、ありがとう!!
↑サイクルベースあさひさん、ありがとうございました。

さて、すぐにでも修理したいところだけど、今のガキおやじにはワイヤリングした後、思いっきり引っ張って、ワイヤーの端末をボルトで固定する力はない(痛)。

手首に力が入れられるようになるまで、自転車も戦線離脱。ライダーとともに長期療養に入ることになりましたとさ(爆)。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/722-bc94cc57