2010.07.06 ついで釣り
さすがに今はやっていないが、20代前半の独身のころは、仕事中に良く釣りをした。

もともと営業マンで、自分専用の車を与えられているので、ラゲージルームには必ず、釣竿一本と最小限のタックルケースを積んでいた。

生餌を持ち歩く訳にも行かないので、餌はいつもワーム。タックルケースの中に数本いれていた。

仕事の合間、あるいはサボって釣りするので、当然スーツ姿。良くこんな『私いま、仕事サボって釣りしてますよ~!!』と、公言するような愚行をやっていたモンだ。釣り場はいつも横須賀か横浜、現アイクルもしくは福浦岸壁。

その辺に自分が担当するユーザーが集中していたのね。

暇つぶしなんで、釣れなくても全然構わない。逆に釣れちゃうと持て余すことも。クーラーボックスなんか積んでないので、だいたいリリースか、他の釣り師にくれてやったりしてた。

だいたい昼休みの時間が多いんだけど、羨ましいのが、海の目の前の会社に勤めている人なのか、昼休みの時間だけ釣りをして、午後の始業前までに職場に戻る人。結構多いよ、特に福浦岸壁は。

飯食ってから来るのか、食わずに来るのか知らないけど、作業着姿で自転車あるいはスーパーカブでやって来る。それらには自作の竿立て(塩ビ管を切った物)が装備されていて、仕掛けがついた竿がヒョイと入れられている。

餌は職場の冷蔵庫にでも入れているのだろう、ちゃんと生餌を使っている。

先日福浦岸壁で見たおやじは、ペットボトルを半分に切った容器にコマセをいれ、職場で常備しているようで、カゴ投げやっていた。そのおやじ、釣り始めて2投目に、50CMはあるかというイナダを釣り上げ、その場で手際よく血抜きを行い、あっと言う間に納竿。ものの15分。締めたイナダをスーパーのビニール袋にいれ、職場に戻っていった。究極のヒットアンドアウェイ・・・恐るべし!!

恐るべし、とかいいながら、羨望の眼差しで見ているガキおやじ。自分もこういうテキトーサラリーマンになりたいと、つくづく思うのである。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/57-e5c97905