20代の頃、恐らく1993~1994年頃、ポイント・港南台店で買った、コールマン・ガソリンストーブ533。『アンレディッド』シリーズでは定番中の定番だったヒット商品。当時、8,000円くらいだったかな?

まだ持ってるんすよ。

結婚前は、釣りといえば真冬しかやらなかったと言っても過言ではないほど、真冬の投げ釣り、磯釣りが好きだった。元旦を三崎港で迎えたこともある大バカモノざんした。

しかし、最近は全く使わなくなってしまっていた。記憶を辿ると、釜石港の夜イカ釣りが最後だったかも知れない。つまり、記憶が正しければ、2004年の2月が最後の使用だ。

毎回転勤のたびに、段ボール箱に梱包すんだけど、使用頻度の低いものはいつしか開梱しなくなった。箱に入ったまま、流浪の旅を続けてきた。

今回、恐らく最後の引越しになるであろうと言うことで、『開かずの箱』を開けたところ、こいつが眠っていたと言うわけ。今シーズンからはまた使い倒そうと。。。

しかし、使えるか使えないか、一抹の不安があった。専用ケースに入れて、ダンボール梱包していたとは言え、メンテナンスを一切していない。霧化器の目詰まりや錆などで使用不能になっていたらまた出費だ・・・と、恐る恐る着火試験。

手動ポンプでタンク内圧を上げて行き、もうこれ以上ポンピングできなくなるまでひたすらシュコシュコポンピング。

ビビリながらジェネレータのスイッチをひねると、正常なら『シューッ!!』と、ガスが勢い良く噴出する音がする。

しかし、ジェネレータのスイッチをひねると・・・

『ブブブ・・・シュ・・・ブブッ・・・ブブッブブッ・・・シューッ、シューッ、シューーーー!!』と、何とかガスが出てきた。火をつけると、『ボッ!!』と着火音を残し、勢い良く火がついた!!

7年ぶりに火入れをしたコールマン・ガソリンコンロ533
↑およそ7年10ヶ月ぶりの点火です。最初、黒煙をもくもくあげながらの赤い火でしたが、2分程度でキレイな青色の炎になりました。やれやれ、一安心。

しかし、すげぇな、コールマン。8年ちかく放置しておいても壊れないんだな。さっすが~!!

さぁ、ガソリン携行缶も買ったし、今年の冬はまたこいつに世話になろうかね♪
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/555-303bc255