今日は会社を休み、朝8:00から引っ越し作業です。

結婚後5回目の引っ越しなんだけど、引っ越し屋は激しく『サカイ引っ越しセンター』をおすすめしたい。

関東に上陸した際、コテコテの関西CMで度肝を抜かされた方も多かろう。

『♪勉強しまっせ引越の~サカイ! ホンマ~かいなそうかいな♪』

或いは、

『♪サカイ~安い~仕事キッチリ♪』

という、けったいなCMをご記憶の方は多いはず。

気にはなっていたが、安さを全面に押し出す関西風CMラッシュに、ちょっと胡散臭さを感じていた。

1999年、神奈川→岩手の引っ越しは日通を、2004年の岩手→神奈川の引っ越しは、岩手のローカル企業を使った。

結婚と同時に岩手に転勤となったので、発地は妻の実家とガキおやじの実家の二ヶ所という、特殊な条件だった。

Y社、A社、日通の3社相見積もり。

安いとは言い難かった。同じ金額の見積りでも、他社は作業者4人だったのに対し、日通は3人だった。

まあ、ネームバリューも一番だし、新婚最初の引っ越しは日通でやろうかと。

日通の仕事ぶりはさすがだった。仕事の内容には何の不満もなかった。大雪の荷降ろしとなったが、家財は一滴も濡れずにエレベーターなしのマンションの3階まであげてくれた。

2004年、岩手から神奈川への引っ越しは、岩手で仲良くなった人から頼まれて、地元のローカル運送会社を使ったのだが、これには参った。

当日集荷に来た人間は全員『モバイト.com』のスタッフジャンパーを着たバイト君。唖然とした。梱包ノウハウも運搬ノウハウも積込ノウハウもまるでなし。

要は路線便だけその運送会社のトラックを使っただけで、引っ越し作業自体は、今はなき『グッドウィル』に丸投げだったのだ。

掃除機とエアコンのホースを失くされた。

激烈な抗議の末、弁償させたけど。

ローカルの運送屋使った俺が悪い。高い授業料だった。

2007年、神奈川→栃木への引っ越しの際、初めてサカイを使用した。

・・・いやぁ、見くびっていてゴメンナサイ!

『安かろう悪かろう』と思っていたんだけどとんでもない!

引っ越し専業だから、引っ越しノウハウが完璧なのは当然なんだけど、とにかく作業が速い。かといって雑な作業は一切なし。接客態度もすばらしい。

作業者の教育訓練が隅々まで徹底されてるんだなと感心した。

しかし、一番気に入ったのが、『積み荷の中継なし&引っ越し元と引っ越し先は原則同じ作業者が行う』ことだ。

前日に集荷したメンバーが、翌朝そのまま到着。どんなに長距離の引っ越しでも、原則同じメンバーでやるという。

このメリットは計り知れない。

発地の家財レイアウトを頭に入れいてくれるので、何も言わなくても、着地でどんどん家財を的確に部屋に搬入してくれる。これが一番助かる。

いちいち指示する必要がないのだ。

それに、二日目になると、作業者のあんちゃん達も打ち解けて来て、世間話したり、子供の相手してくれたりする。

料金コースに入っていないテレビの配線なんかも、『このテレビウチのと同じだから、配線やっておきました』とか、嬉しい配慮も。

また、廃段ボールの回収期限がないのも嬉しい。普通は引っ越し後一週間以内に段ボール回収が来てしまうのだが、サカイは一年後でも二年後でもOK(ただし無料回収は1回のみ)。

不要不急の荷物の開梱をしなくても済む。

サービスの内容とコスト、仕事の質において、サカイ引っ越しセンターは群を抜いている。

唯一の難点が、『営業が多少強引かな?』と思うことかな?

でも、ガキおやじは、同じ営業マンとして、『このくらいの勢いがないとな!』と、見習いたくなるほどだから、全く気にならない。ただ、セールスマンが苦手な人はちょっと気になるかも。

しかし、かえすがえすも現業スタッフはすばらしいの一言。

今日で3回目のサカイによる引っ越し。

サカイを選んでおけば間違いない。

・・・たまたまあたったメンバーが良かっただけ?

いやいや、そんなことはないでしょう!

サカイさん、今回もありがとう!

・・・次の引っ越しもヨロシクね。次からは単身赴任なので荷物少ないはずだから(笑)。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/538-de128678