2011.10.01 初秋の珍事
10/1(土)、久々の釣行。天気は良かったが、風がちょいと気になったがご近所一家との3回目の釣行。相模川河口部の須賀港へ出撃です。

ここは、10/8(日)に、『湘南潮来ハゼ釣り大会』が行われる戦場だ。これからの時期、マハゼ釣りの最盛期を迎える場所。今日は恐らく、引越し前の最後の釣行となるかも知れない。何とかハゼを数釣りし、天ぷらパーティーをしたいものだ。

朝7:00着。

・・・なんじゃこりゃあ!!

うぅ・・・あがれねぇ・・・またかよ~。 いつものフェンス側もご覧の通り水没・・・。
↑うぅぅ・・・上がれねぇ。台風の影響はとっくに去ったべ!! 何で中潮の満潮ごときでこんなんになってるんじゃい!! テトラ帯下流のフェンス側も、ご覧の通り完全に水没。。。ガキが4匹もいるのではとても降りられまい、風も強いし。。。

そしたら、河川管理事務所の電光掲示板に、『城山ダム放流中!! 川に近寄らないで下さい!!』のサインが・・・。うぅぅ、そこまでは頭になかったな。

ここはハゼ釣り大会のメインステージとなる一級ポイント。あわよくばテトラ帯でテナガエビを捕まえようと、網ふたつ持ってきたのに・・・。

仕方ない、港内にベースを張りましょ。船道部分を除き、四方を立ち壁に囲まれていて、風の影響を受けずに済む。

港内は船道以外は四方を壁に囲まれていて、風にとても強いね。 仕方なく須賀港港内にベースを張ります。
↑ここは風の影響を受けなくていいのだけど、水深が浅いのと、根がキツイので、あまり好きなポイントではない。しかし、今日はここしかねぇな。釣れますように・・・。しかし、台風直後のように水が濁っていて、ゴミだらけなのが気になるところだな。水汲みバケツの底が全然見えない。

狙いは悪くないんだナ。早速ガキおやじにマハゼが上がる。型は15cm程度。なかなか良いね。係留している船の下でヒット。

久々のマハゼ。いいサイズに育っています。
↑それにしても久々のマハゼだ。幸先良いスタート。このまま爆釣モードになるのか?

正座してお行儀良くハゼを待ちます。
↑子供たちもお行儀よく正座でのんびりとアタリを待ちます。

釣り始めて30分程度、ポツリポツリとマハゼが釣れますが、なかなか連荘しないねぇ。上がってくるハゼはみんな良い型ではあるんだけど、この濁りとゴミのラッシュでは厳しいね~。周囲の人たちもかなり苦戦しています。

姉妹の妹が釣り上げた巨ハゼ。地元のおやじが【茨城ハゼ】と呼ぶ越年魚。
↑そしたら、姉妹の妹の方に、巨大なハゼがヒットします。驚きの20cmアッパー!! 地元のおやじによると、『あ~、そりゃおめぇ、茨城ハゼだべや!!』

・・・そんなハゼいるのか? 聞いたことないぞ(笑)。

そして、このチビちゃんには続いてこんなのも掛かります!!

チビちゃんにはこんなボラも掛かりました。
↑ズッシリとしたボラ・・・。どうする? 食べる? おじさんはボラはあんまり好きじゃないな、どうする? 逃がすか? どうする? 食べるなら刺身でもやってあげるけど・・・逃がす?

・・・俺も嫌ならはっきりとリリースと言えば良いのに(^^;

さて、その後9:00を過ぎて、アタリがぴったりと無くなりました。潮が引いてきたので、子供たちは本流側に移動したいと言っている。チョット見てくるか・・・。

城山ダム放水の影響で、3時間たっても水は引きません。今日は本流は諦め・・・。
↑う~、全然変わってねぇ・・・俺だけならコレくらいなら降りちゃうが、子供がいたら無理。今日は本流は諦めます・・・。

まったりとハゼ釣り。たまにはいいものだ。
↑結局港内で釣り続行。姉妹のパパママも釣りに参戦です。米のとぎ汁のように濁った水は相変わらずです。根掛かりも厳しく、ここは投げは全く出来ないと思って正解。足元、船の周りを丹念に探るしかないでしょう。

妻も釣り初体験。10分と持たず飽きちゃったご様子。
↑妻も人生初の釣りに挑戦・・・ソッコーで飽きたそうだ、10分持たず(爆)。

そうこうしていると、仕事帰りのチタン君が自転車に乗って登場。葉山くんだりからご苦労様です。職場から、自宅の逗子をはるか飛び越え平塚まで50分ほどかけて冷やかしにきたと言う。朝7時頃、『やってるのか?』とメールが入っていたので、『本流に上がれないから港内でやってる』と返信していた。

チタン君到着の頃は、全くウンともスンとも言わなくなった時間だった。『誰か一匹釣ったの見たら帰る』と言ってたが、きっと昼過ぎまで帰れねぇぞ(爆)。

お姉ちゃんにも良型のマハゼ。
↑30分くらいして、運よく姉妹のお姉ちゃんにマハゼヒット!! チタン君、良かったなぁ、これで帰れるぞ(笑)。

さてさて、我が家にはこれまで全く見せ場がありません・・・チタン君が帰ったあと、気温が急に上がってきました。陽射しも強くなってきました。潮も動き始めたのか、鳴りを潜めていた娘にようやく本日の一発目が。

セイゴを釣ってドヤ顔の娘。
↑片天秤仕掛けを浮かせて表層を探っていた娘にセイゴがヒットします。

ガキおやじにも20cmのセイゴが。小さくてもいい引きをしてくれます。
↑すると5分もしないで、ガキおやじにも18cm、20cmのセイゴが連続ヒットします。こんなサイズでもギュンギュン引くねぇ!! メチャ楽しいぜ!!

さぁ、ここから珍事が起こります(笑)。

突然、娘からSOS。『お父さん、網、あみ~!!』

『どしたん?』

『フナが掛かった、上がんない!!』

『はぁ? バカかお前、ここ漁港だぞ、フナなんかいる・・・んだなぁ、フナだフナ!!

神がかり的な娘が釣り上げたのは・・・25cmのヘラブナ。有り得ねぇ!! 娘にとって、釣り堀の鯉を除き最大の獲物。記念撮影です。
↑どーん!!お見事、25cmのマブナちゃん。。。マジっすか? 娘、神がかり的な何かを持ってるね(笑)。娘にとって、釣り堀での鯉を除いては最大の獲物をゲットです。あぁ、びっくりした。記念撮影ね。

青イソメ万能説が娘によって証明されました(爆)。

ガキおやじにも、人生初の尺ヘラがヒット!!
↑その後しばらくして、今度はガキおやじにまさかの尺ヘラがヒット!! モチロン人生初の尺越えのヘラブナですわ。言っとくけど、ここは平塚市千石河岸の須賀港(平塚漁港)ね(笑)。

いやいや、ヘラブナが汽水に入るのは知らなかった。すげぇな。

・・・しかしここで正午となり、タイムアップ。んー、息子にはマハゼ1匹と厳しい釣りとなりました。。。

その後、姉妹の妹と、ウチの息子が、今度の日曜日に幼稚園の運動会で踊るまるモリダンスの予行演習を。BGMはママの携帯電話の着うたで。

来週の幼稚園の運動会の予行演習。♪まるまるモリモリみんな食べるよ・・・♪ はい、良く出来ました!!
↑はい、よく出来ました~(^o^)/

エセザイル
↑最後に記念撮影。EXILEだそうだが、エセザイルだな。

【RESULT】
マハゼ12、セイゴ3、ボラ1、マブナ1、ヘラブナ1

んー、本流に行けなかったのが最大の誤算。長靴履いて本流のテトラ帯でやっていた人は、2時間でマハゼを50匹、セイゴ(30cm)2匹だったそうだ。んー、今日は仕方ねぇ・・・。

しかし、上流でこんな放水やったら、来週ハゼ釣り大会なんか出来るのかね?

そして例によって我が家で大反省会。セイゴと、一番大きかった23cmのハゼは刺身に、その他のマハゼは唐揚げにしました。やっぱりマハゼは他の雑ハゼとは全然違うな。特に刺身がうまかった。身が真っ白で、エンガワと見まがう白さ。セイゴもハゼも、刺身は俺のところには回ってこなかった(笑)。

22時まで飲んで食って騒いで・・・全員ヘロヘロになってお開き。

引っ越しても、近いんだから、釣りにはまたいつでも連れて行ってやるからな。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/512-cee62f50