何だかとってもいい加減っつーか、簡単なのね。

8/5(金)、ガキおやじのメインバンクである銀行の担当者と不動産屋の契約室で面接。

住宅ローンにはどんな種類があるのか、頭金はいくらあるのか、いくら借りたいのか、返済シミュレーションはどんな感じなのか? などの説明は一切なし。

『とりあえず審査申し込みのための借り入れ予定額は、物件価格の100%にしましょう。審査が終われば、融資額は審査融資枠の範囲内でお客様で自由に設定ください。もちろん満額利用する必要はありません。では、ここに○○○○万円と書いてください。』

『金利は変動金利、返済方法は元利金等、返済年数は35年と書いてください。』

『ボーナス払いはナシで行きましょう。』

『お客様は当行との取引履歴が25年を超えておりますので、金利は優遇措置の適用で当面年0.97%です。よろしいですか?』

『・・・駆け足で説明してしまいましたが、今までのご説明で何か分からないことはありませんか?』

・・・なんにもわかんねぇよ!!

・・・住宅ローンの申し込みってこんなもんなのか?

自分、金融にはめっきり疎く、知識もな~んにもない。銀行の担当者の言われるがままにペンを走らせ、言われるがままに実印をペタペタ押すガキおやじ。大丈夫か~?

今日、不動産屋を介して審査結果の連絡があった。

『ガキおやじ様への融資枠は○○○○万円だそうです。9月9日までに、銀行と詳細を詰めて、融資手続きをお済ませいただきます。私が日時と場所はセットさせていただきます。』

さぁ、もう『ヤッパやんぴ!』は通用しないぞ(笑)。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/459-0e866fd6