ガキおやじは、何事も浅慮のまま行動してしまう短所がある(短所だとは思ってないのかも)。

ビンボー家庭に生まれたが、別に負い目を感じることもなく、楽しい幼少期を送り、思春期も、友人、恩師に恵まれ、いじめや非行とは無縁の生活を送れた。

高校受験も大学受験も、目標を定めてそれに向かって努力するというタイプでは全くなく、『今の成績で確実に合格できるところ』を調べあげ、塾も予備校も行かず、高校3年の夏の吹奏楽コンクールが終わり、部活引退後も部室に居座り、勉強もせず後輩たちと毎日楽器を吹いていた。大学もテキトーに決め、何となく現役合格した。大学時代はオーケストラとアルバイトに明け暮れ、授業もろくすっぽ出なかったが、成績は真ん中より上を4年間キープ。

学生としての苦労は記憶がない。結婚もテキトーに。職場で隣の机に座っていたのが今の妻。

あの頃キチンと勉強していれば、今頃違った人生を送っていたかも知れない・・・とは思わない。

違った人生を送っていたら、今の楽しい暮らしがなかったことになるからね。

違った人生を送っていたら、今よりも経済的に恵まれ、豊かな暮らしが出来ていた『かも知れない』。

別の女と結婚していたら、違った家庭を持ち、違う顔立ち、性格の子供がいた『かも知れない』。

しかし『かも知れない』を追い続けていつまでも人生後半戦のベクトルが定まらないなんてのはナンセンスである。

人生は万事『結果オーライ』だ。今までの自分の生き方に対し、一点の曇りもない。もちろん後悔もない。自分の人生が『いい人生だったかどうか?』は、自分が死の床にあるときに初めて知るものだ。それまでは、日々刹那的な暮らしでも、これまでの生き方を後悔することなく前向きに生きるのだ。

しかし今回はあまりにも浅慮が過ぎないか?

・・・とは、ヤッパリ思ってない(笑)。

マンションを衝動買いしてしまったのだ。ぎゃはは。

欲しかったわけではない。したがって、事前の調査、資金計画の検討と言った準備行動を何一つしていないのだ。

今、ガキおやじは賃貸マンションに入っている。家賃は駐車場、管理費込みで13万円。うち、半額を会社から補助を受けている。

会社の規定では、50歳までは家賃補助を受けることができる。

それまでは賃貸でいいじゃん。

と、思っていた。

ガキおやじも妻も、すでに父は亡く、年老いた母親がそれぞれ一人暮らししている。どちらも近くに住んでいて、ガキおやじの住まいから車で40分くらい。

地獄の転勤暮らしから、11年ぶりの地元帰還。何の不満も不自由もなかった。

しかし、最近ガキおやじの母親の調子がよくない。脊柱管狭窄症とやらで、歩行困難の状態だ。

医師によれば、幸い軽症の部類で、投薬による保存療法で改善するという。

今月から、母は、横浜市内の公共交通にタダで乗れる老人パスポートを手に入れた。通院は自力で行くと言っている。

しかし、有事の際、もう少し実家に近い方がいいのかな~と、漠然と考えていた。

まあ、娘の中学入学にあわせ、近くに物件探そうかねと、2年後に転居しようか程度しか考えていなかった。

妻の実家には、大学生の孫が居候している。今は妻の母の面倒は問題ない。2年後にその居候が卒業するので、我が家の転居のタイミングとしては2年後がベストと考えていた。

で、ガキおやじのおバカが炸裂する!

さて、お互いの実家に近くて(車で15分くらい)、駅も近いところだとどの辺かね~、相場はいくらくらいなのかね~と、大手N不動産の検索サイトを見たのが7/19。

あら、なんか良さそうな物件があるじゃん。と、その場で物件資料請求ボタンをクリック。

翌日、N不動産の営業マンのIさんからTEL。

『当該物件は現在他の不動産屋さんが商談中なんですが・・・成立の情報は入っていませんので、一応見学予約入れてみましょう。』

するとすぐに、『見学OKです、ただしやはり商談中物件でした。』

ふーん、まあ、別に買う気もないし、見るだけね。

7/22。物件を見学。

『買います!』即決(笑)。

『あ、あ、そうですか、何も書類準備していませんので、取り敢えず店に戻って説明資料他書類取って参ります、近所にバーミヤンがありますのでお食事でもしていてください』

その場で購入申込書にサインし仮契約、ライバルとのバトルに勝った暁には、8/5迄に手付金150万円を払う約束をした。

N不動産のIさん、『現在商談中物件ですので、これから売り主様に割り込み交渉します。ただ、今商談中のお客様は半月前から交渉しているそうで、分が悪いのは確かです。全力を尽くします。』

『お願いします!』

『あ、それから、この物件が落とせなかったら代替物件の紹介は無用です。無理に買うつもりはありませんから。この物件のこの部屋が気に入ったので、同じ物件の違う部屋でも買いません!』

これが効いた!

昨夜遅くにIさんから連絡があり、『ガキおやじ様へ販売することで売り主様からOK取り付けました!』

ありがとう!

先客の厳しい値引き要求に売り主が苦労していたそうで、交渉が難航していたんだって。

先客がいくらの値引きを要求していたかは知らないが、ネゴ(話の中身では恐らく180万円の値引き要求)が難航している客のところに、売り主の言い値で買うという客がきたら、そっちに売りたいわな。

絶対落とせると思ってたよ。

8/5本契約、10/7引き渡し、入居は12月下旬の予定。

さて、問題は金だ。

誰か2,000万円くらい貸して!(笑)
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/447-3d5d9b6c