今日は、仕事は休みだったんだけど、変則勤務が決まる前から、健康診断の日と決まっていたので、午前中は会社のそばの総合病院へ朝8時から行ってました。

健康診断に先立ち、前夜は21:00以降、飲まず食わずを指示されていたので、21:00までキッチリと飲んでいた(笑)。ビール中ジョッキ2杯と、日本酒を枡で6杯飲んだ。とても翌朝までに代謝しきれるはずがない、ぎゃはは。

で、昨夜、飲み屋に忘れ物しちゃったのね。昨夜帰宅後に気づいて、店に電話したら、ちゃんと店員が保管してくれているって。明日は金曜日なので、13時過ぎには仕込みで店開けますから、13時以降取りに来てくださいと言われた。

酒が残った状態での検診。再検査は必至なんだけど、11:30頃終わった。その後13:00までどこかで時間潰さないとな。

ってわけで、約半年ぶりにパチンコ屋へ。

ガキおやじは、パチンコは一切しない。スロット専門。しかし、パチスロ5号機時代になってから、めっきり打つことがなくなってしまった。5号機になり、夢がなくなったのだ。

すっかり時代に取り残され、ガキおやじが打てる機種は『ジャグラーシリーズ』しかない(笑)。

・・・アサイチから650回転、ノーボーナスの極悪台が1台ポツンと空いていた。『アイムジャグラーAPEX』。ジャグラーシリーズの最新台か。650回転ノーボーナスだと、2万数千円は飲み込んでるな、この台。ここしか空いてねぇし、とりあえず座るか。

まぁ、時間つぶしだから、出ても出なくもいい。軍資金は3,000円。しかし、ウンともスンとも言わなければ、3,000円では10分しか潰せない(笑)。

1,000円を挿入して、メダル50枚買って、ゲーム開始。パチスロは1回まわすのに、メダルを3枚使います。すなわち、1ゲーム60円。高いよなぁ・・・。

ゲーム開始約15秒後、たった3ゲームで、ボーナス確定を告げる『GOGOランプ』がペカ!(笑)

ビッグボーナスでした。。。あはは、こんなこともあるんだなぁ!

ボーナス終了後、1ゲームも回さず速攻でヤメです。361枚。景品交換して7,200円でした。実働5分で6,200円の浮き。にゃはは~!!

ふふふっ、泡銭を次の種銭にするのは愚者と言うものよ。

・・・速攻で上州屋にダッシュ!!

shimano Land Mate磯 1.5-530 上州屋で5,780円 んー、神々しいね~『shimano』のロゴ!!
↑磯竿買っちゃった(笑)。shimano Land Mate 磯 1.5号-530cm、6本継。上州屋のセール価格で5,780円(安っ!)。カーボン89.7%、その他繊維10%、自重215g、錘負荷1-4号。腐っても『shimano』です。んー、shimanoのロゴが神々しいぜ!!

日本の大手ブランド名が冠された竿なんか、何年ぶりに買ったかな? shimano コンパクトロッド『ホリデイパック』以来だから、恐らく15年以上ぶり。いつもメーカー名もわからない竿ばっかりだったからな(笑)。

ガキおやじ、前回の江ノ島地磯ウキ五目では、20年来の相棒である、『波浪チヌ 2-510』を使っていたのだが、この竿はとにかく重いのだ。2号といいつつ、グレ竿3号以上の太さもあり、取り回しが大変だった。カーボン45%、グラス55%で、自重が330gあるのだ。先週半日振っていただけで、翌日腕が痛くて難儀した。年取っちまったんだなぁ・・・。

このshimano Land Mate 磯 は、とにかく細い。1.5号で530cm、バランスはどうだろうと思い、伸ばしてみると、根元の細さが気になる。この細さなら、4.5mの方がバランスはよかったかも。リールシート付近への重量感は結構ある。もう少し太ければ、2号なら完璧だったんだけど、2号-530は売り切れていたのだ。。。

しかし、ヘタレガキおやじ、『波浪チヌ』と比べ、105gの軽量化は計り知れないメリットがあるはずだ。

それよりもなによりも、このロッドに付属しているキャップに驚いた。

天下の富士精工製ですね。富士精工さん、金属だけじゃなく、ポリカインジェクションもやってるのね。 納竿する時、このキャップはすげぇめんどくせえ、ガイド全部に樹脂製の足を通してやらなければならない
↑ポリカーボネート成形品のキャップ。ボクは割れないポリエチレンのキャップが好きなんだけど、こんなのがついている。富士精工製。

しまう時は、キャップから伸びている足に、ガイドを全て通してからしまわないとダメなのね。何だかメンドクセェ・・・ん?

・・・じゃないなぁ、世紀の大発明じゃん!!(笑)

この穴を見て、ようやくひらめきました。。。
↑この穴見てすぐに分かりました。この足付きキャップ、ライン通しになっているのだ!!

竿にリールをとり付け、この足の穴に道糸を通してからキャップをおもむろに外すと、アラ不思議、全てのガイドにラインが通っているじゃあ~りませんか!!

特に厳寒期の釣り場で、かじかんだ手で磯竿の小さなガイドに道糸通すの、結構骨折れるんだよねぇ。こんな素晴らしいものがあるなんて、全然知らなかったよ。みんな知ってた? 知ってたか・・・。だよね~!!

この足つきキャップだけって売ってるのかな? サイズ毎に揃え、今持っているロッドのキャップは全部コイツに変えたい!!

身銭を1円も切らずにシマノのロッドを手に入れた。泡銭はこのように活きた使い方をしなければならない(笑)。

まぁ、これまでにこの何百倍も負けているんだけどね。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/438-7808fd9d