2010.06.15 現地現物主義
今日は午後から横須賀市のN社で打ち合わせ。

その昔、投げ釣りで良型のアイナメが出るスポットとして、ガキおやじが好んで釣りをした、夏島のよこすか釣り公園でも久しぶりに覗いてみるかな? と、行ってみたらびっくり。そこは、横須賀市リサイクルセンター『アイクル』なる施設になっていました。

11年も御無沙汰してたからな、変わっていても不思議ではないわな。あの釣り場はどうなっちゃったんだ? と、営業車の中で急いで弁当をかき込み、偵察開始。

幸い、当時釣り公園だったところはそのまま残されていた。というより、リニューアルされて、フェンスや地面、あずまやなどが再整備されてきれいになっていた。横須賀市のイキな計らいに感謝!

アイクル

写真は、アイクルの海に面した東側。約150mくらい、釣りが出来るスペースとなっています。アイクルの営業時間内なら、駐車場も無料で使えるそうです!

平日の昼時でも釣り師の姿がポツポツ。その中のグレ師のおっさんに声をかけてみたところ、今の季節はアオリイカが絶好調で、500g程度のものが夕方を中心に毎日上がってるよとのこと。

その証拠に、通路のあちこちに、まだ新しいとおぼしき、イカの墨跡が!

墨跡墨跡2


墨跡は、釣り場の入り口付近に集中していましたが、ちょっと歩いただけで6カ所ほど発見しました。こりゃすげぇ!!

んー、仕事もそうだけど、釣りもやっぱ大事なのは現地現物ですな。机上でいくら情報を集めても、それは一般論に過ぎない。偵察の重要性を改めて実感。

雑誌やインターネットの情報でも、アイクルでアオリイカなんて情報はこれっぽっちもなかったもんね。

ここの難点は、近くに釣り具屋がないことと、岸壁から海面まで高さがあり過ぎ、タモやギャフが使えないことですね。先のグレ師によると、ここではアオリイカはごぼう抜きするしかないよ、結構抜く時に落としちゃう人が多いね、ということだ。

しかし、安全だし、駐車場もトイレもきれいでバッチリ。底には根がたくさんあり、エギングするには良さそうな場所だ。

機会があったらここは一度攻めておこうと思う。『アイクル』、穴場だ(そうでもねぇ? みんな知ってるってか?)。

こんなマル秘ポイント、ブログなんかにアップするんじゃねぇってか? え? マル秘ポイントじゃねぇって?
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/42-9b0a3eea