娘も息子も春休み中で、家の中で、釣り上げられて放置されたイカのように、ビロ~ンと伸びきった怠惰な生活を送っているようで、ここんとこ妻の機嫌がすこぶる悪い。

娘は朝からずーっとテレビ見てるかパソコンのゲームで遊んでいるらしい。

すると娘から質問が。

『お父さん、春は釣れる魚ないの?』

何でそんな質問を? と問うと、

『ちょい投げ 3月 神奈川』でインターネット検索したけど、よくわからなかった。とのこと。

なるほど、確かにそうかもな。

春先はやはり地磯がいい。メジナ、クロダイ、メバル、カサゴ、アイナメはハイシーズンだ。

しかし、子連れでちょい投げだと、春先はターゲット少ないかもなー。

ハゼ、シロギスは春先は絶望的、アジ、サバ、イワシも湾内では小さすぎる。カレイは子供にゃ難しい。

するとすかさず息子が『海の釣魚』という、父ちゃんのバイブルである、30年前のポケット図鑑を取りだし、『春はクロダイとメジナとウミタナゴがいいよ』と解説。

『俺はクロダイ釣る~!』・・・無邪気な息子5歳(笑)。

子供の休み中に一度は行かねばなるまい。しかしまだ神奈川といえども余震が心配だ。

子供用の新しい竿もリールもまだ一度も実戦デビューしてないからな、連れて行ってやりたいけどなぁ・・・。

ターゲットはウミタナゴ、ネンブツダイ、ヒイラギで決まりなんだけど(爆)。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/329-152c2c6e