前回、買って1年半でチタンテンプルがポッキリと折れてしまったメガネの代わりに注文していたメガネが出来上がりました。

メガネスーパーで18,900円。『ROCK ON N3032 Titanium Blue』です。

ROCK ON  N3032 Titanium Blue ROCK ON  N3032 Titanium Blue

見ての通り、今回は剛性重視です。それにしても、メガネもずいぶんと安くなったもんだ。ガキおやじが初めてメガネを作った20年前、ガキおやじが通っていた大学内の眼鏡屋で1本45,000円もしたのに。当時、フレーム代が25,000円でレンズ代が別で20,000円くらいだったと思う。

メガネスーパーの価格表示は『フレームオンリープライス』とかで、フレームについている値札の価格が総額っていうシステム。今、メガネの量販店はどこもこの価格表示が当たり前なんだとか。どうでもいいけど、『メガネスーパー』って小田原の会社なのね。『メガネストアー』ってのが相模原の会社なんだって。

レンズも22種類の中から好きなものを選べる。カラーレンズ、特殊コートレンズ、超薄型非球面レンズなどの一部は割増料金がかかるが、モチロンガキおやじは追加料金ナシのマルチコート球面レンズ。それでも充分だ。

メガネは視力矯正の道具として、剛性が重視されるべきアイテムだ。昔はファッション性を考慮し、ナイロールメガネ(フレーム下半分がなく、ナイロン糸でレンズを固定するメガネ)、ツーポイントメガネ(完全縁なし)なども買ったが、どいつもこいつも2年ともたない。

メガネの買い替えは、通常は『度が合わなくなって』買い換えるはずなのに、ガキおやじは扱いがぞんざいってこともあるけど、いつも『壊れて』買い換えている。20年でもう11~12本作り替えている。

今度のメガネはそうそう壊れまい。今回から左眼に乱視を入れているので、作り替えも面倒だ。大事にしなくてはならない。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/317-425758b7