岩手県民を5年間経験していたので、被災状況のニュースは見るに堪えない。

陸前高田、大船渡、釜石、宮古、久慈などの沿岸地域は、風光明媚で海産物がうまい、しかし観光地と言うわけでもないのんびりとした地域。内陸に住んでいたガキおやじは、夏休みは三陸のリアス式海岸を南北に縦貫する国道45号線をドライブして楽しんでいた。気仙沼から北山崎まで一気に駆け抜ける。最高のドライブロードだった。

その沿岸地域が壊滅的な被害を受けた。未曽有の大震災。過去最大の地震と言うことは、過去誰も経験したことない被害と言うことだ。

被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。一日も早く、元の安息が訪れることをお祈りいたします。

ガキおやじの会社にも現時点で連絡が取れない社員がいる。心配だ。

妻の母の実家が、震度7を記録した宮城県栗原市。全く連絡が取れないと言う。ガキおやじの従姉妹の旦那の実家は気仙沼だ。

これだけ大規模な震災だ。自分に関係する人間で、誰も被害がなかったと言うことは難しいかもしれない。

日本に住んでいる以上、地震、津波は避けられないことなのかもしれない。また、何十年も前から、『来るべき震災』に備え、教育もされてきたし、インフラも整備されてきたし、万全の備えをしてきたはずだ。世界一防災意識が高い国家とも言えよう。

それなのに・・・人間の叡智は自然の脅威の前にはあまりにも無力で切ない。

ひとりでも多くの人命が救助されることを・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/307-5cd0d96b