2011.02.20 2月が嫌い
昨日、伯母が死んだ。父の姉だ。77歳だったそうだ。女としてはちょっと早い。

近所に住んでいるので、遺体と対面してきた。

ガキおやじの父は兄弟が10人と多かったので、自分には母方とあわせて従兄弟が27人いる。

当然全員は知らない。もう他界したのもいるし、今日、『初めまして』の従兄弟も新たに発覚した。

従兄弟連中の男の中では、ガキおやじは下から2番目に当たる。いつまでたってもガキおやじは『遣いっぱ』だ。一番下の男は今年40歳なのだが、今日10年ぶりに会った。

ガキおやじは子供の頃から親戚にあまねく媚を売り、ことあるごとに小遣いをせしめていた、磯野カツオそのまんまのガキだったので、おじ・おば連中からは特段可愛がられていた。

今でも親戚付き合いが一番深いのはガキおやじだ。

今回亡くなった伯母は、ガキおやじの父が死んだとき、一番我が家のサポートをしてくれた人だった。

甥っ子、姪っ子のなかでは、口うるさい面倒な伯母さんで通っていたが、親戚の中では一番の常識人だった。伯母さんの言うことを聞いていれば間違いないと誰もが認めていた。

ガキおやじの父方の本家は栃木なのだが、もうそこは伯父も伯母も亡くなり、代替わりしていて、従兄弟夫婦が守っている。

その本家の従兄弟から、『今回の甥姪の葬儀関連の切り盛りはお前に任せるから頼む』と電話があった。

神奈川県内にいる男の従兄弟はガキおやじを含め6人いる。ガキおやじは下から2番目だ。

しかし何時なんどきも、ガキおやじに命令が下る。親戚中に浸透度が一番高いのがガキおやじなので、それは天命だと思っている。

今日、遺体と対面したあと、全国に散る甥姪への連絡と、供花の段取り、葬儀当日の雑務の打ち合わせをしてきた。

それにしても2月である。寒いことが影響しているんだと思うけど、ガキおやじの父も2月、父の兄も2月である。2月は個人的に好きではない。

従兄弟連中もなかなか揃う機会がないのだが、久々に顔を揃えるのもこんなときばかりでは寂しい。

本家からは『従兄弟会』の旅行を企画しろと、何年も前から言われていて、今だ実現していない。

今年こそ腰を上げようかな?
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/289-0f99e94c