ゆうべ、ショボい夢を見た。

独りで磯釣りする夢。アミコマセにチヌパワーとオカラダンゴ、それと何故か鉛筆の削りカスを大量に混ぜたコマセを20kg分持って出撃。

仕掛けはいつもの遊動ウキ式。

道糸ナイロン3号に遊動式自立ウキ5Bを付け、ハリスはフロロカーボン1.5号を2m、針はチヌ1号、チモトに極小ガン玉。

エサは何故か消しゴム(笑)。ネット上で、『チヌキラー』として、コマセに鉛筆の削りかすを混ぜ、食わせに消しゴムという釣りが流行っているという情報をキャッチ。エサ盗り対策の決定版らしい。

釣り場に着くと、先客が次々と『やぁ! 久しぶり!』とか、『ヨォ! こっちにベース張れや、俺もう飲んじゃってるから、一緒に飲もうぜ!』とか、声をかけて来る。

誰一人知らないんだけど。愛想笑いして無視(笑)。

テキトーにベースを張り、持ってきた20kgのコマセのうち半分を、ドボンと一気に投入! 海は瞬く間に濁り、同時に一気に黒い魚影の塊が足元に押し寄せた。

『うほほ~い!』

ガキおやじの釣り座の周りだけ、黒々とした魚影でお祭り騒ぎ。逸る心を圧し殺し、何事もないかの如く釣りスタート。

一投目からウキが強烈に消し込み、ヒット!

さすが消しゴムの威力は強力だ。

・・・ベラだ。

何で? せっかく消しゴム持ってきたのに。

その後も一撃必釣ではあったのだが、上がってきたものは全てベラ。オハグロ、ササノハ、ニシキ、キュウセン・・・。

ベラの猛襲に辟易し、開始2時間も持たずギブアップ。都合ベラだけ70匹超。

周りで釣りしている人間は悉くチヌをあげている。それも一人あたり二桁あげているではないか。

最初に声をかけてきたオヤジが再びやって来て、

『いやぁ、アンタのお陰で俺達は存分にチヌにだけ没頭できたぜ。実はあのレシピは、確かにチヌキラーとは書いたが、チヌが食らい付くとは一言も書いてないぜ。』

『あれは邪魔なエサ盗りを一ヶ所に釘付けにする究極のレシピなんだよ。ベラが鉛筆の削りカスと消しゴムに反応するってことを俺が発見し、それをネットに晒したんだ。あんたが勝手に究極のチヌエサと勘違いしたんだ、悪く思わないでくれナ!』

・・・やられた。

って、そんなショボい夢。

教訓:ネットの情報は十分に吟味すべし。究極の玉石混淆の世界がネットだ。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/288-81b29866