2011.02.16 ジグヘッド
ここ数年、もっとも成長したであろう分野だと思う。

簡単に言えば、チモトにちょっとした錘の玉が付いた針だ。

こいつにソフトルアーを付けてちょい投げするのだ。

テキトーに仕掛けをチョンチョンすると、メバルやカサゴ、アジなどが食いついてくるアレだ。

ガキおやじ、最近このジグヘッドを使ったライトルアー釣りに興味がある。

しかし、ガキおやじの興味はキャストして誘うアクティブな釣りではない。もともとガキおやじは、重量の軽いものをキャストするのが嫌いだ。

えいゃあ! と投げても手応えもなく、遠くにも飛ばず、挙げ句の果てにバックラッシュの危険がある釣りは大嫌い!

キャストするのではなく、以前記事に書いたことがあるが、こいつで穴を攻めたい。

先々週の『ザ・フィッシング』だったと思うが、初島のゴロタ場でのジグヘッドを使った穴釣り。これがしたい。

村越正海氏が面白いくらいムラソイを爆釣していた。なーんにも考えず、ただ穴に仕掛けを入れるだけで、絶品のおかずが釣れる。

イイネ~(^o^)/

イニシャルコスト、マン/マシンレート、ランニングタイムを加味した総合的なコストを考えたとき、費用対効果がもっとも高い釣りだと断言出来る。

ジグヘッドやワーム代なんか知れてるし、竿もリールも糸も何だっていい。餌だって必要ない。

ま、ワームはその日の条件次第で、グロウがいい日やソリッドがいい日などがあるだろうから、それなりに必要かも知れないが、あんなもんはタダみたいなもんだ。

労力らしい労力と言えば、穴を探すことくらい。

テキトーなタックルで、最高に旨い魚が釣れる。運が良ければ、信じられないような大物が掛かる。

釣りの世界に於いて、穴釣りほど面白く、技術・装備不問で、獲物が高級で旨いという釣りはない。

『穴があったら入りたい』は、人間のための慣用句にあらず。

『穴があったら入りたい』のは、魚や熊などだ。

『穴があったら入れたい』のが人間だ(笑)。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/285-be1f0028