最近は何でも横文字だ。

サイトフィッシング、綴りは『Sight Fishing』。つまり『見釣り』だ。

こんな単語、昔はなかったが、ルアー釣りの世界では意外と古くから使われているらしい。

最近流行りの『エギング』によるアオリイカ釣り。夏に生まれて、秋口から釣りの対象となる『新仔』は、この『Sight Fishing』がメインの釣法となる。

ガキおやじの中の常識では、『見える魚は釣れない』であったので、この『Sight Fishing』は、ある意味カルチャーショックだ。

もっとも、よくよく考えれば、ターゲットが表層を主な活動拠点とする魚であれば、見釣りは合理的な釣り方だと言うことは容易に想像できる。サヨリとかボラとか。

しかしガキおやじ、見釣りは好きではない。

表層をボケーっと漂っている魚は、『私もうすぐ死にます』ってなイメージがあるのと、元気な魚でも何となく汚染されているイメージがある。あくまでもイメージね。

だから、表層魚狙いはしたことがない。サヨリ、ボラ、スズキが代表格かな。この手の魚はガキおやじのターゲットにはない。

サビキもやらないわけではないけど、『イワシ狙い』はしたことがない。

フッキングしてから、『何ががってくるのかな?』というワクワク感が、見釣りにはない。

実際は激闘の末、あがってきたのが20cmオーバーのキタマクラ、或いは30cmオーバーのキュウセンなんかだとガキおやじは相当凹むけど。

また、スズキなんかは、回転寿司(貧乏くせえけど、回らない寿司屋なんかあまり行ったことないので)であったりすると、必ず食うほど好きな魚ではあるけど、陸っぱりから釣れるような奴は食う気にならない。

だって、排水口の周りとか、オイルが浮いているところとか、ゴミの周りとか、怪しいところを好む魚だから、海水より比重の低い危ない金属とか、いっぱい体内に取り込んでいそうじゃない。

それと、汽水域の魚もNo Thank youだな。

引地川とか、片瀬川の河口で釣れた魚とか、食う気しない。

子供の頃、鎌倉の滑川河口で捕まえたガザミは美味しくいただきましたが(^-^)/

とにかく、あくまでもイメージだけど、表層魚と汽水魚は、『食う』ことを主眼においた場合、ガキおやじの選択肢から消える。

ゲームフィッシング否定派だし。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/279-ae6e23a1