特定の方々を悪く言うつもりはない。しかし、『バサー』と呼ばれるジャンルの人々の中に、こういうバカが多いのは、残念ながら事実のようだ。

ブラックバス釣りを楽しむ方々には、ホント声を大にしてお願いしたい。ブラックバス釣りをするのはいい。楽しいと思う。しかし、

①天然の水域に放さないで!!
②釣ったらリリースしないで!!
③禁止エリアに立ち入らないで!!

バサーさんが須く悪いわけではない。マナーが悪いと思うのは、このジャンルを楽しむ人たちの年齢層が比較的若く、傍若無人のエセアングラーが多いんだと思う。もちろん、モラルのないヤツはどこにでもいる。磯でも堤防でも、河川でも、釣り堀でも・・・。

しかし、バス釣りをしたいからという理由で、近所の池なんかにブラックバスを放すやつがいる。こういう輩は厳罰に処さねばならない。また、バスがいるからといって、世界遺産に登録しようかとしている仁徳天皇陵の外堀でバス釣りする大バカモノは恥を知るべきだ。柵の下に穴掘って不法侵入するバカアクグラーなんか、片っ端からしょっ引けばよい。

ブラックバスも悲しき被害者なんだけど、ブラックバス本当にキライ。コイツが日本の淡水に存在してはいけないのだよ。だから、せめて釣ったらリリースしないで。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/244-94b82d63