これから寒い季節に突入ですね・・・。釣り師には厳しい季節です。朝まづめを狙おうとしたら、極寒の海で孤独な釣りとなるわけです。まぁ、真夏よりはマシだけど。

ところで、真冬の釣りにおける防寒対策はどうすればよいでしょうか?

寒いからといって、分厚いセーターなどを着て、モコモコになってはいけません。動きづらいし、万が一、セーターに釣り針が刺さってしまったりするとまず取れません。また、セーターについてしまった魚の臭いやコマセの臭いはなかなか取れません。

マフラーも基本ダメですね。釣りの防寒着で重要なのは、

①薄いこと
②風を通さないこと
③水を吸わないこと


なんですが、実は、一番上に着るジャンパー、ウインドブレーカーなどよりも、インナーにこだわった方がナンボも暖かく、体の動きも妨げない防寒対策が出来ます。

ユニクロのヒートテックのような機能繊維の薄手シャツを2枚重ねて着れば、ほぼ防寒はOKです。逆に汗ばんでしまうくらい。

薄手の長袖Tシャツ2枚重ね、その上に薄いトレーナーでも着て、その上に風や水を通さない薄手のウインドブレーカーでも着ればいいでしょう。

防寒、防水で言えば、スキーウェアが優れていると思われる方もいらっしゃると思いますが、スキーウェアでは釣りになりません。動きが制約されまくりです。

そして、下半身も充分対策しましょう。スポーツモモヒキは必須です。いわゆるオッサン御用達のモモヒキではなく、スポーツ用品店で売っている、伸縮性のあるアスリート用の薄いモモヒキがオススメ。保温性がオッサンの白いモモヒキと比較して段違いに優れています。上半身よりも下半身の防寒対策のほうが効果があります。

靴も耐寒性のあるものを買いましょう。靴は意外と防寒対策しないことが多いのですが、これが実は盲点で、つま先が冷えてジンジンしてしまうと釣りどころではありません。上半身の寒さは耐えられても、足先の冷えは耐え難いものがあります。

桐灰『足の冷えない不思議な靴下』が効果的です。靴は裏起毛のものを。水、風を通さないトレッキングシューズなどがよいでしょう。そこの薄い靴は冷えが上がってきますので、中敷を入れましょう。

耳、手、足先の3ヶ所の防寒がしっかりしていると、体感の寒さはかなり和らぎます。耳は、イヤーマッフルもしくはニット帽で覆いましょう。ニットの目出し帽が完璧なのですが、怪しすぎてコンビニにも入れないし、車も運転できないでしょう(笑)。

手は、ネオプレンフォーム製の薄手の手袋がいいです。防寒だけを考えれば、スキー用手袋がいいのですが、分厚い手袋では釣りになりません。親指、人差し指、中指が指きりタイプになっているものであれば、いちいち手袋を脱ぐ必要なく、一日手袋をはめたまま釣りができます。

釣りの防寒対策は、『薄さ』を追求しなければなりません。厚着していいことは何一つありません。モコモコになって動きづらくなることは、そのまま予期せぬ事故に直結します。磯釣りでは命取りになります。動きやすさ最優先でそろえましょう。

とにかくインナーを重ね着して防寒対策。これが必須です。

あとは現地で温かいワンカップ呑めばよろし(^^;
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/196-06b029ca