ガキおやじが子供の頃、すなわち約30年前、まだ『ルアー』という言葉は定着しておらず、『疑似餌』と呼んでいた時代、ガキんちょ向けの釣りの教科書にはすべからく、『疑似餌で釣った魚は、帰りに放流するのがマナーです』と書いてあり、疑似餌で釣った魚を持ち帰って食うのは逆賊であると教育された記憶があるんだけど、今は違うのかね?

当時は、武士の情けで、殺める前には、せめて美味しい生餌を味わわせてやろうという美学があったんだろうな、きっと。

ガキおやじの深層心理には、恐らくこの考え方が蔓延っているのかな。

ガキおやじがルアー釣りを一度もやったことがない理由。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/191-3b5b1902