一昨日の『ザ・フィッシング』、千葉県・館山沖のカワハギ釣りだったんだけど、一人が使っていた仕掛けにビックリした。

エダスの位置が自由に変えられる、遊動式の胴突き仕掛けだった。

いやぁ、あんなもんがあるなんて、恥ずかしながら全然知らなかったっす!

昔からあったのかな?

胴突き仕掛けの難点は、タナの微調整が面倒くさいことなんですよ。

ベタに底を取ると、放送でもやられていたけど、トラギスやベラの猛攻を受けやすい。微妙にエサ取りを避け、カワハギちゃんの鼻先にアサリをちらつかせるのは至難の技ですね。

あの遊動ハリス仕掛けなら、タナの調整が一発だもんなぁ!

遊動ビーズの固定の強さなど、面倒な調整もありそうだけど、ありゃあ絶対便利だ。

釣具も日々進化してるのねぇ!

遊動式ウキ仕掛けのウキ止めに、いまだに赤い木綿糸や、ゴム管に爪楊枝刺したものを使っているガキおやじ、化石モノだな(^^;
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/190-d2a052c5