FC2ブログ
穴釣りの楽しさ、難しさを満喫している息子、先月今月で5回も実釣していますが、テトラポッドの危険さ、根掛かり地獄の洗礼を完膚なきまでに味わっています^_^;

なけなしの小遣いで、2個400円もするブラーやブラクリオモリなんか買っても一発ロストで凹んでいます。

ガキおやじは中通しオモリ2号或いは3号をしこたま買い込み、ガンガンロストしながらやってます。

針は、この時期の福浦テトラの根魚のサイズに期待し、カサゴネムリ針の11号(ハリス2号)を使っています。

ネムリ針は、針先が内側に曲がっている針で、根掛かりには強いと言われていますが、福浦テトラではあまり意味はないみたい。

厳しい穴を攻めるから、針よりもオモリが引っ掛かり、高切れするケースの方が多いのです。

それでも、針が引っ掛かるのは少しでも回避出来るだろうと、ガキおやじは考えています。

しかし息子は、『ネムリ針は自分の技量では使いこなせない』と、アイナメ針を使っています。

ネムリ針は『フッキングが難しい』と、息子談。

そんなことはないと思うんだけどね。

でも、息子を見ていると、バラシが確かに多い。

キチンとアワせていないようだ。

ガキおやじはフッキングさえ成功してしまえばバラシはまずない。

しかし、陸に上げてから獲物をジップロックに入れる際に落としちゃうのは父ちゃんの方が圧倒的に多いけどね(≧∇≦)b

オモリが引っ掛かり、高切れしてしまうと、仕掛けをイチから作り直しになるが、これが息子の戦意を奪うらしい。

『穴釣りとはそういうものだ、その代わり、仕掛けを入れた場所に魚が居れば絶対に釣れるのだ!』と諭すも、全切れが5回も6回も続くとイヤになっちゃうらしい。

気持ちは分かるけど、イライラしたら穴釣りは負けだから!

もう、高いブラーなんか買うなよ、中通しオモリと針は父ちゃんが買ってやるから、それを使え。

それと、針はやはりネムリ針の方が絶対に根掛かりが少ないぞ。アイナメ針はそもそも硬くて太い針だから、針が根に引っかかったらどうにもならないんだから(;´Д`)
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1791-d9996aba