スマートフォンを買い替えました。

ガキおやじは、従来使っていた、旧ウィルコムの京セラ・DIGNO DUAL2から、グーグル・nexus5Xへ。

妻はシャープ・AQUOS esから、AQUOS CRYSTAL Yへ。

中2の娘はシャープのPHS、PANTONEから、京セラ・DIGNO Cへ、念願のスマートフォンデビュー。

小4の息子も京セラのガラケー、CRESTIAを緊急連絡用に持たせることにしました。

家族4人でスマホ3台、ガラケー1台を一気に購入。

端末代金だけで23万円もしたんだけど、2年契約の割賦相当分の割引やら家族割やらで、実質端末代は限りなくタダに近い。

我が家は値引きのためのキャリア乗り換えをヨシとしない家訓なので、旧ウィルコム時代からの累積契約年数は15年を越えている。

ウィルコムが唯一頑張っていた、PHS回線、3G回線併用のスマートフォンが、会社がワイモバイルになってついに絶滅したので、PHSは息子のガラケーのみになってしましました。

通話音質とインフラの安定性は圧倒的にPHSが良かったのに。

しかし、スマートフォンの進化はすごいね。アプリや機能もそうだけど、ガキおやじがすごいと思ったのはCPUの性能。クロック周波数(ひとつの作業スピードの目安となる)は変わらないんだけど、コア数がどんどん増えている。

コア数が妻のAQUOS CRYSTAL Yと、娘のDIGNO Cはクアッドコア(4コア)、ガキおやじのnexus5Xはヘキサコア(6コア)だ。最近はオクタコア(8コア)なんてのもあって。

CPUのコア数とは、作業するための小部屋のこと。コア数が多ければ多いほど、作業の同時進行が得意になる(その代わり、ひとつのコアあたりの作業領域は小さくなるので、大容量を要する作業には不向きだけど)。

ま、俺みたいに、メールとブログとカメラがメインで、たまにエロサイト見るくらいならあまり関係ないけどね^_^;

家族4人で月の費用は15,000円程度(保険やセキュリティ対策のオプション込み)。

docomo、au、softbankに比べたら、ymobileははるかに安い。

格安キャリアとかもっとあるけど、俺はSIMフリーには全く興味ないし、コストと機能のバランスは、ymobileは良いと思うね。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1612-20f1e578