2015.02.10 反省点
昨年11月あたりから体調を崩すことが非常に多くなっている。喘息、扁桃炎、急性胃腸炎・・・これでインフルエンザに罹ったらグランドスラム達成です(>_<)

先週息子がノロウイルスに感染し、妻→娘と来て、今日はついにガキおやじ。幸い娘とガキおやじはノロではなかったようなんだけど、昨夜半からガキおやじもトイレから離れられない状況に。。。

で、今日は仕事をまた休んでしまい、一日中悪寒と腹痛に耐えておりました。。。なので、2/7の前回釣行の反省をば。

この日ガキおやじは、2.7mのちょい投げ竿で胴突き仕掛けを、4.2mのサーフロッドでシロギス狙いのマジ投げをしていました。

【胴突き仕掛け】
竿・・・タカミヤ・CHOICAS 2.7m
リール・・・ABU GALCIA・CARDINAL 104C
道糸・・・PE1.2号
リーダー・・・フロロ4号×1m
トリプルサルカン×2個
幹糸・・・ナイロン4号×30cm
針・・・アジ針6号
ハリス・・・ナイロン0.6号×10cm×2本
錘・・・ナス型10号

コイツに青イソメ付けて足元にポチャン。

【マジ投げ仕掛け】
竿・・・宇崎日新・PROSTAGE SPEED SURF 投 420 SOFT
リール・・・ダイワ・10ファインサーフ35細糸仕様
道糸・・・PE2号
錘・・・弾丸25号
仕掛け・・・ハヤブサ・投げ釣り+α 流線10号×2本針

100~120m程度を狙ってフルキャスト。

仕掛けの選定は悪くないと思う。しかし、悪かったのは、

『竿を2本出してしまったこと』と、『放置プレイ』に徹してしまったこと

に尽きる。

キス狙いの人間は他にも何人もいたんだけど、基本キス師は一本竿に集中し、竿は常に手持ちでサビいていた。

放置プレイはカレイ師ばっかりだったな。

カレイに重きを置くか、キスに重きを置くか。仕掛けは全く同じでもいいんだけど、『竿の振り方』と『エサの付け方』が決定的に違う。

どっちも狙おうとして、中途半端なサイズにエサをつけてしまうと虻蜂取らずになってしまう。キス狙いなら、徹底的にエサは小さくつけ、置き竿をせずに、竿先に全神経を集中させなければならないってことを身を持って痛感したね~。

ガキおやじは相変わらずすぐ三脚に竿かけて放置しちゃうからな~。

どうせ2本出すなら、1本はカレイ狙いでイソメ房掛けでぷっこみ仕掛け、もう1本をキス狙いで、エサを小さく小さくつけて常にサビく投げ仕掛けにした方が効率的なのかもな。

今回、足元の胴突きしかけが、開始直後のカサゴだけで、あとは一切アタリがなかったので、見切りを早くつけ、たたんでしまった方が良かったのかも知れないね。

それでも、周りのダメダメ加減を見た限り、俺たちが竿頭だったんじゃない?

ビックリするほど2/7(土)の午前中は福浦死んでたよ(^o^;

Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1547-79dd033b