1983年度課題曲(A) 吹奏楽のためのインヴェンション第1番

夏になるとこの曲を聴きたくなる♪

中学生になって吹奏楽をはじめたガキおやじ。

当時、母校は全国2位のマンモス校、一学年16クラス、全校生徒2,100人。

吹奏楽部は、部員170人の超大所帯。モチロン学校最大の部だ。

毎年夏から秋にかけて行われる全日本吹奏楽コンクールのステージに上がれるのは最大50人。出場メンバーは部内オーディションで決められる。

上級生でも下手なら容赦なくメンバーから外される。コンクールメンバーに選ばれないと、夏休みは練習に参加もさせてもらえなくて暇になる。毎年仲間内でサバイバルレースが繰り広げられていた。

ガキおやじは幸い、2年次、3年次と、オーディションに合格した。2年の時、初めてコンクールメンバーに選ばれ、渡された課題曲の楽譜がコレだった。

来る日も来る日も朝から晩までこればっかり練習していたなあ!

今でもこの曲の衝撃的なイントロを聴いた瞬間、1983年・14歳だったあの熱い夏にタイムスリップするのです♪
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1474-5b018c7d