2010.10.08 釣り師への道
『釣り好き』が釣り好きたる理由は、

①アウトドア遊びが好き。
②魚を食べるのが好き。
③一度でも釣りでいい思いをした経験がある。

大体この3つを満たす場合に、『釣り師』としての道を歩み始めます。この中で、釣り師として長く生きてゆくかどうかを左右するファクターは、文句なしで③です。

①は、他にいろんな『おんも遊び』があります。
②は、呑み助。

①②どちらも併せ持つ場合、釣り師になる可能性はありますが、能動的に行動できる人でないと、釣り師になるのは難しい。基本受け身で他人依存性が高いと、バーベキュー遊びで、仕切り屋に作ってもらったニジマスの塩焼きを齧りながら、別の仲間がクーラーボックスから取り出してくれたビールを飲む程度で、『趣味はアウトドア』と言うような人になる可能性が高いね(笑)。

③は麻薬やギャンブルと一緒。一度でもいい思いをしたら、その経験が忘れられず、その後釣り道まっしぐらとなります。また、その『いい経験』の思い出が古くなればなるほど心の中で美化されて行き、『あの感動をもう一度!!』となり、ズルズルとハマって行くわけです。

その『いい経験』とは何か?

もちろん、釣れた魚の綺麗な姿に感激した、あるいは周りの釣り師・ギャラリーから賞賛された、持って帰って食べたときの味の素晴らしさ・・・色々あるでしょう。

しかし、初めて釣りをした人間を、その後釣り道まっしぐらへと引きずり込む劇薬が、

『クイッ』
『!』

『クイクイッ!』
『!!』

『オシッ!!』

『キターーーー!!』

と、ここから始まる魚の『引き味』でしょう。

小魚なら『ブルブルブルブル!!』と言う感じですが、大物なら『グイーッ!! グイグイッ!!』とか、『ゴン!!、ゴゴゴゴゴッ!!』とか、文字に出来ない得も言われぬ興奮、あるいは恍惚にも似たエクスタシーを味わえます。

魚の引き味は、魚種によって全然違うし、逃げる方向によっても全然違う。ガキおやじは、垂直方向の引き味が大好き。すなわち、水面に引き上げようとする釣り師に対し、底へ逃げて行こうとする魚の引き、竿の穂先が真下に向かってしなってゆく時の引き味が最高なのです。

もちろん、岸から沖へ逃げようとする水平方向の引き味も悪くありませんが、水平方向の引きは、釣り人が多いと周りの仕掛けに絡んでしまう危険があり、引き味を楽しむことより、そっちが気になっちゃったりします。なので、垂直方向の引きが好きなのです。

岩場で大型のメジナ、アイナメが、根に潜ろうとして、深みに逃げてゆく時の引きはホントにエクスタシー♪

(ここで強引に行くと切れるな・・・チョットここでリール止めて踏ん張るか・・・あ、潜っちまったか? ん? オシッ、出てきたな・・・ここで一気に・・・)

頭ン中でこんなこと考えながら、引きを味わい尽くします。

こればっかりは、絶対に他では決して味わうことの出来ない感覚。一時期、ゲームセンターで、釣りゲームなるものが流行ったことがありましたが、似て非なり。

この魚の引き味が快感と思えない人はいないでしょう。この快感を味わったことがない人は、なかなかその後釣り道にハマって行くと言うことはないでしょう。

・・・基本、釣りは面倒臭い遊びですからね。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/143-1ef892bd