2014.02.23 最安かな?
家庭用プリンターはインクビジネスだ。ハードは安くして各家庭に遍く普及させ、インクでハードの開発コストを回収するビジネスモデル。

サードパーティの安いインクもあるが、インクカートリッジは実はメーカーのテクノロジーの塊である。互換性があると言っても、それはそのハードに装着して印刷することができるというだけで、性能を保証したものではない。純正インクと同じ構造のインクカートリッジと言うだけで、インク自体のレシピは全く違うものになっている。

それを使ってハードが壊れたとしても、メーカーは一切保証しない。実はコレが、サードパーティを黙認している理由である。

壊れてくれて、新しいハードが売れればそれはそれで良いのだ。サードパーティ側も、『自己の判断で』使用するよう明記してあり、その商品を使用してハードが壊れた場合の責を負わない旨最初から謳われており、販売についてのリスクはない。

ユーザーは高い純正インクを使い、パフォーマンスの保証とアフターサービスの権利を保有し続けるか、自己責任で使うか、二者択一をすることになる。

ガキおやじは、できれば純正を使い続けたい。それにしても高すぎる。今回買ったプリンター、EPSON EP-806AWの純正インクカートリッジは、IC6CL70、IC6CL70L(増量インク)のどちらかなのだが、6色セットでIC6CL70で3,200円~3,500円程度、IC6CL70Lだと5,800円~6,000円程度する。

純正インクカートリッジセットを3回も交換すると本体が買えてしまうほど高いのだ。

だから、純正品を少しでも安く買おうと、いろいろと調べている。


・・・ここが一番安いかなぁ? JBSショッピング・楽天市場店。

送料込みで4,725円。ガキおやじが最初に買った標準インク、IC6CL70が3,080円だったから、インク量が約2倍で4,725円は安いのではないか?

まぁ、それでも高いけどね・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1382-f2384518