道糸、ハリスは、細ければ細いほど良いと言う人がいる。

特にチヌ師、ヘラ師に多い。スレた魚、目のいい魚は、道糸、ハリスを見破る術に長けていて、太目の糸は見切られてしまうと言うことらしい。

果たして本当なのだろうか?

ガキおやじは、このブログのタイトル通り、究極のテキトー釣り師なので、魚が糸を見切れるなんて思っていない。もちろん、道糸もハリスも、細ければ細いほど、風や潮の影響を受けにくく、また、太陽光を拾いづらいため、結局は水中で目立ちにくいと言うのは理解している。しかし、それを理由に、魚の体格以上に細い糸を使うのはナンセンスだと思っている。

魚なんて、たとえ糸が見えたとしても、その先にエサがついていて、魅力的なアクション、形状をしていれば食いつくに決まっている。もともと魚の遺伝子には、釣り糸が危険なものであると言うことを認識する情報など記録されていないからだ。

もちろん、一度でも釣られてしまった経験がある魚は、針や糸が危険なものであると言うことは学習するだろう。しかし、釣られた経験のない魚は、そんなことは考える能力はない。目の前で仲間が釣り上げられたとしてもだ。

だから、ガキおやじは、道糸はナイロン3~5号、ハリスはフロロカーボンの1.5号を標準と考えている。

糸が水中で見切られるとしたら、糸についた傷による光の乱反射が原因である。防波堤の縁や岩などに擦れてしまうと、糸は簡単に傷がつく。この傷の部分に光を受けると、光はメチャクチャに乱反射し、水中でくっきりと映ってしまう。これが魚の警戒心を煽ると言うことは当然考えられる。したがって、糸を細くすることよりも、フレッシュな状態の糸を常に使う方が、良い釣果に結びつくと、ガキおやじは思っている。

ただしこれはナイロン、フロロカーボンの糸の話。透明ではないPEラインは、細ければ細いほど良いと思う。透明PEラインが存在しない現在、これは致し方ないことである。でも、リーダーにフロロカーボンを2m程度使っているならば、道糸の太さなんか正直関係ないね。PEライン3号とかでも充分釣りになるでしょう。

糸が細い方が良いからと言って、フロロ0.6号のハリスでチヌなんかかけてみ。まず上げられないから。

ハリスはフロロ1.5号が万能であると、声を大にして言いたいのである。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/138-90c0e903