2010.09.27 サンマ
サンマ。関東に拠点をおく人間には、サンマが釣り対象魚であると言うことはピンとこない。

しかし、北の太平洋側では、サンマが堤防で釣れるという。

北海道の帯広や釧路といった南部の沿岸では、ウキ釣り、サビキ釣りで陸っぱりからサンマを釣ることができるそうだ。

ダツ目の魚なので、関東で言うところのカマス釣りと同じような感覚なのであろう。しかしサンマが釣れるとは羨ましい。

職場の同僚に、岩手県陸前高田市出身の男がいるんだけど、彼に言わせると、サンマは『雑魚』なんだとか。

子供の頃、サンマ運搬のトラックから、積荷のサンマがボロボロ落ちたのを拾って、家に持って帰っていたそうだ。すると親から『そんな雑魚拾ってきやがって!!』と怒られたそうである。

晩のおかずには、何はなくともサンマ。刺身、塩焼き、干物、煮付け、糠づけ(!!)等々、調理法も色々あったそうだ。

ガキおやじは、転勤で岩手に住んでいた10年前、サンマの刺身と言うものを初めて食べた。酢味噌で食したのだが、こんなに美味いものが世の中にあったのかと感動を覚えたものだった。

今でこそ、輸送技術、保存技術の進歩で、回転寿司でも居酒屋でもどこでもさんまの刺身が食えるようになったが、当時はそれはそれはびっくりしたもんだ。

北の秋の海では、サンマが面白いように釣れるらしい。一度やってみたいなー、と思いつつ、今、サンマの塩焼きをおかずに晩飯中。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/137-1b2c8150