『堤防・磯・投げ釣り情報』11月号に、非常に興味深い記事が載っている。

今月号のメイン記事は陸っぱりから狙うサーフ・トローリングで、沼津での青物釣りなんだけど、ガキおやじの興味はそこではない。

巻末に密かに取り上げられている、『村越正海のキャスティズム』のコーナーだ。『キャスティズム』とは、釣具メーカーのダイワが提唱している、磯での投げ釣りのことで、比較的根がかりしづらい胴突き投げのことを呼んでいる。用語としては定着していないけど(^^;

ガキおやじが20年以上前からやっている、『胴突き投げによるカワハギ釣り』だ。村越氏は、エサ取りの猛攻に苦労しつつも、良型のカワハギを上げていました。

大変奇抜な仕掛けが載っていて仰天したよ。

船釣り用の、針間隔が非常に短い、カワハギ用胴突き3本針仕掛け。ここまでは良いのだが、仕掛けの端末がなんとジェット天秤! ジェット天秤の先っぽには、何にも付いておらず、金属棒がブーラブラ。

これに何の意味があるのか良く分からなかったのだが、根掛かりに強いらしい。この仕掛けには脱帽。思いもつかなかったよ。

沼津のサーフトローリングは、ジグ、弓角、カラーパイプなど、色々な疑似餌を使って、イナダ、サバ、シイラを上げていた。ナブラに対するキャスト位置、リーリングの方法など、詳細に解説されています。

陸っぱりからの青物釣りと言えば、カゴ投げ釣りが釣果保証の王道なのだが、サーフトローリングは身軽な装備で遠くに仕掛けを飛ばせる分、広く探れるし、余計なギミックがついていない分、ダイナミックでダイレクトな釣り味を楽しむことが出来る。何と言ってもコマセの必要がないのが良い。

ガキおやじは疑似餌のサーフキャストはやったことないんだけど、記事を読む限り、とても面白そうだ。

堤防 磯 投げ つり情報 2010年 11月号 [雑誌]堤防 磯 投げ つり情報 2010年 11月号 [雑誌]
(2010/09/22)
不明

商品詳細を見る
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/134-ae0e05d4