これまでの釣り人生で、連れにこれだけの大差をつけられて負けたのは初めてだわ(^O^;

町内会対抗のソフトボール大会だって5回コールド17対8だったのに(笑)。


それと、ブロガーとしてあるまじき愚行。カメラを忘れてしまったため、今日の記事はガラケーでの極悪画質です。。。

11/2(土)、前回の出撃で、江の島表磯に上がる予定だったのに、タフコンディションのため上がれなかった。今日は満を持して、職場のIさんと再挑戦です。

AM4:00、Iさんを拾い、5:00現着。今日は大潮で、満潮が4:30前後だったので、磯は水をかぶっていましたが、前回とは違い、ここから干潮の10:40頃まで70cm以上引いて行くので、水道口ワンドの西側にベースを張ります。


到着した時間は当然漆黒の闇ですが、入磯口から表磯を見渡すと、あちこちヘッドライトの光が。。。

どうやら場所取りのぶっこみ師(イシダイ師)のようです。イシダイのぶっこみをやるには、水道口先端の平場から南東方向へ投げるしかないため競争が激しいようです。10人以上のヘッドライトの光がそれぞれ岩にピトンを打ち付けていました。サザエの殻を割る音も聞こえます。

AM6:00にはこの状態(^O^;
↑夜明けとともにこのプレッシャーですよ。この時点でまだAM6:00デスヨ。

ま、三連休初日だし(ガキおやじは3連休じゃないけど)、江の島だし、天気予報じゃサイコーの行楽日和って言ってたらな・・・。海が穏やかなのが救いだな。さぁ、いっぱい釣ろうかね!!

今日はIさん、秘策があるそうで。まぁ、どんなもんかお手並み拝見かね。

前回同様、Iさんはウキ下1.5m程度の超表層をフカセるようです。ガキおやじは底狙いで、道糸にナツメ錘1.5号をつけ、タナを4m強に設定してスタート。コマセは比重を高めにして、沈降速度優先のセッティングです。

開始早々、ガキおやじにはネンブツダイとべラがかかります。まぁ、魚は寄ってるみたいね。

表層を流しているIさんは木っ端メジナがポンポン釣れます。サイズが小さいけど、面白いように釣れている。

にゃはは、Iさん、爆釣モードだねぇ!!

表磯でこれだけ忙しく釣れるのは初めてだな~。さぁ。俺もでっかいの釣って追いつかなきゃナ!!

ところでIさん、秘策って何?

ん? これだよ。

な、な、な???

・・・グレ飲ませ1号針・・・。

こんなマイクロ針にオキアミ刺してたんか!! っつーか、こんな針に良くハリス結べたな~(^O^;

サイズとしては、ガキおやじが子供のころ使っていた袖1号サイズだ。いやぁ、びっくりした。

上州屋のおやじに、『この針は飲ませ専用針。太軸なのでパワーあるよ、これで木っ端はもちろん、30cmくらいのグレまで対応可能だね』とすすめられたそうだ。

・・・飲ませ針・・・。フッキングを想定していない釣りなんて・・・。

ガキおやじのポリシーとは違うので、悔しいけど真似はしない。

ガキおやじ、手持ちの針で最も小さい、伊勢尼ヒネリ5号に換装するも、エサだけ取られ、アタリも全く分からない。伝家の宝刀である超ロング棒ウキに魚信は出ないのに食わせは瞬殺。。。ウキ浮力を2号から5Bに小さくしてもダメだった。。。

Iさん、人生初のカワハギを釣り上げます。
↑その後、Iさんに人生初のカワハギがヒット!! お~、いいサイズじゃん、ぜひ肝和えにしてくれ。

その後。、やはり人生初となるアイゴを3匹追加。

そしてそして帰り際・・・。

キターーーーーー!!

Iさんの竿がギューン、ギューン、弧を描きます。下に向かってぐんぐん走ります。いやぁ、気持ちよさそう♪ ガンバレ、根に潜られないよう、ぎりぎりまで前に出て、もうチョイ!!

そしてついにドカ~ン!!
↑ドカーン!!

やりました!! 江の島表磯ではそこそこ大物と呼んでもいいサイズです。こんなのが飲ませ針1号で上がるなんて・・・悔しいけど完敗です。

お~、実測25cm、これは引き味良かったっしょ!!
↑25cmのずっしりとしたグレ。これはぜひ、今日はおろして皮だけ剥いで、冷蔵庫で寝かして明後日頃刺身で食べてね♪

いやぁ、江の島表磯だって釣れるんだよな!!

ちょうどここで雨がザーッと降ってきて急いで退散。13時納竿です。ホント、今日の天気も当てられない気象庁なんか解散してしまえ!!

【RESULTS】
Iさん・・・メジナ25(20cm超えの良型2)、カワハギ2、アイゴ3(リリース)
ガキおやじ・・・メジナ1、カワハギ1、ベラ1、ネンブツダイ1

Iさんの釣果。グゥの音も出ねぇや(^O^) お見事!!
↑Iさんも長い釣り人生で、ベスト3に入る釣行だと言ってくれました。いやいや、良かったよ!!

ガキおやじはたったコレだけorz...
↑ガキおやじは帰宅してふて寝します(笑)。

さてさて、ガキおやじ、この歴史的敗戦で、これまでの生き方を反省し、これからの生き方を本気で考えなおさなければならない時期に差し掛かったようだ(爆)。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1299-cdb92e14