2013.10.28 世紀の大誤審
今年の日本シリーズは、今のところガキおやじの大好物である投手戦だ。

一点を争う好ゲーム。第一戦も第二戦もサイコーのゲームを見せてくれている。

しかし、昨日のゲームはいただけない。

選手はサイコーのパフォーマンスをしているのに、フシアナの塁審がゲームの帰趨を決めてしまった。

楽天の7回裏の追加点のことだ。

ボテボテのセカンドゴロに飛び付いた巨人・寺内のスローイングはロペスのミットに収まった。

打った藤田は全力疾走の末ヘッドスライディング。

これがセーフと判定され、結局この間に入った1点が決勝点になってしまった。

すぐ裏の8回表、今年一度も負けていないマー君から放った寺内のアーチは、価千金のプラチナ同点弾になっていたはずなんだが、たいして大きく取り上げられることなく葬り去られた。

レギュラーシーズン0ホーマーの男がポストシーズン2ホーマー。

それも、CSセカンドステージに前田健太から決勝3ラン、日本シリーズでマー君から(同点)ホームランだ。

WBCでも日の丸背負って闘った、日本を代表する豪腕二人から、試合を決める一発。寺内はシンデレラボーイになれるはずだった。

ガキおやじがG党だから言ってるのではない。年間チャンピオンを決める『日本シリーズ』だから、誤審はあってはならないの。

審判は人間だ。当然間違いはある。ビデオ判定をすぐにするべきだった。

相撲には『物言い』があり、行司の絶対権力を認めていない。

『俺がルールブックだ!』

は、21世紀には相応しくない。

ビデオ判定を正としても、審判は必要だし、審判の威厳を損なうこともない。

人間だから仕方ないの。

『審判の判定が絶対』なんて、昭和初期の話だ。時代錯誤も甚だしい。

せっかく選手たちは100%のプレイをしているのに、一人の誤審で試合の結果を変えてしまった。

NPBには猛省を願う!

重ねて言うが、ガキおやじがG党だからではない。

ジャッジは正確無比でなければならないのだ!
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1294-94c9e3e3