擦過傷はなんともないのだが、膝の腱を痛め、リレーは直前でエントリー変更(泣)。
地区の運動会で、ガキおやじは最終競技の年代別リレーで、40代男子代表として、アンカー直前の第9走者の予定だった。

しかし、その前にエントリーしていたパン食い競争で激しく転び、右膝を外側に捻ってしまった。かつて、新日本プロレスにUWFインターナショナルが殴りこみを仕掛けてきた際、新日の大将・武藤敬司が、Uインターの大将・高田延彦から足4の字固めでギブアップを奪い、高田を葬り去った試合で、武藤が4の字固めを仕掛ける直前に放った、ドラゴンスクリューで高田の膝をへし折ったのと同じような状態になってしまった(誰もわかんねぇって?)。

完全に右膝の腱をやっちまった。膝蓋骨上の内側(写真では左側)が腫れ上がっている。痛くて歩くのもままならない。。。

泣く泣く、年代別リレーのエントリー変更を申し出た。

チームの体育部長から『リレーに出るやつがパン食い競争なんか出るんじゃねぇ!!』と怒られてしまった(^o^;

幸い、ガキおやじより足の速い40代はいくらでもいるため、我が黄色チームはリレー7連覇を達成した。おまけに初の総合優勝も掻っ攫った。

チームの初優勝はうれしい。娘と二人で参戦した、親子競技の飴食い競争で一位を獲得したのも嬉しかった。ガキおやじは出なかったが、綱引きで優勝したのも嬉しかった。しかし・・・リレーで周りの連中に『あいつあんな体型で結構足速かったのね!!』と思い知らせてやるチャンスだったのに、ヒジョーに悔しい。

・・・また来年エントリーしてやる(笑)。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1278-28dc6ec9