2013.10.03 プロパー
監督就任が約束されてるプロパー戦士がどのチームにもいる。

生涯一球団を貫き、チームが強いときはモチロン、弱いときも耐えて耐えて耐えて屋台骨を支え続けた武骨な男が好きだ。

広島東洋カープの前田智徳が引退した。

G党のガキおやじにとって、前田智にはどれだけ煮え湯を飲まされたことか。

YK砲(山本浩二、衣笠祥雄)なきあと、広島東洋カープのリードオフマン兼主砲兼守備の要兼若手の見本兼チーム広報のすべてに於いて燻し銀の存在感を放ち続けた背番号1。

現監督の野村謙二郎、町田公二郎とともに赤ヘル三羽烏だった。浅井樹もいたか。アニキ金本とクリーンアップも努めた。

怪我に泣いた。骨折は数知れず、両足のアキレス腱も切った。

今シーズンも序盤に手首を骨折した。

それでも200ホーマーを超え、生涯打率3割をマークした孤高の天才。いや、苦労人だ。

引退のコメント『やっと楽になれる』。涙がとまらなくなった。

今のカープにとって、『居るだけでチームのパワーになる』のは、前田健太と前田智徳だけだ。

アスリートはサラリーマンよりはるかに寿命が短い。どんなスーパースターでもいつかは引退する日が来る。

解説者になるそうだが、前田智はすぐに監督として再びカープのユニフォームに袖を通す。これは規定路線だ。っつーか、監督にならなきゃファンが許すまい。

数多の球団を渡り歩きキャリアアップして行く選手も悪くないが、ガキおやじは一端の野球ファンとして、生涯一球団を貫くヤローが好きだ。

ベイスターズの三浦、阪神の矢野、中日の井端、山本昌、ヤクルトの宮本(全日本のキャプテンまで務めた宮本の引退は前田以上に悲しい( ノД`))・・・。

彼らにはすべからく監督の椅子が約束されている。あくまでもイチ野球ファンの意見だけど。

こういう連中はガキおやじには、金に目が眩み他球団や海外にホイホイ行くやつらなんかより何百倍も輝いて見えるのだ!
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1266-a039d32b