2013.08.27 子連れ釣行2013
このブログを立ち上げたのは2010年5月。

結婚した1999年12月に岩手に転勤となって以来10年4か月、3都県1海外に及ぶ放浪生活が終わり、生まれてこのかた30年過ごした地元神奈川に帰還した。

その間、年に1度訪れる発情期にしっかり交尾をし、気がつきゃf1世代がメス1匹オス1匹になっていた。

孵化した2匹ともオヤジの趣味(ブラバン、野球、釣り、自転車、川遊び)を、ブラバン以外はまんま受け継いだことから『ガキおやじのテキトー釣り道』は始まった。

このバカブログが始まった2010年5月、娘は小3、息子は幼稚園年中だった。

以来4年目のシーズンである今年、史上最悪の成績である。あ、ガキじゃなくてオヤジね。

ガキはメキメキ腕を上げ、釣りデビュー以来安定している。今のところ、『もう懲りた』と言うことが一度もないらしい。

ボウズでも、海でボケ~っと出来て、海を見ながら酒呑めれば満足の、ヘラヘラしているオヤジとは違い、ガキらは『ボウズ』が受け入れ難いようだ。

ガキはボウズを食らうと滅茶苦茶悔しがり、リベンジに執念を燃やす。

テキトーオヤジとはスタイルがまるで違うの。だからいつもそれなりの成績を残すんだよな、ガキらは。

それぞれの釣りスタイルを、プロ野球選手に例えると分かりやすい(分かりにくいな!)。

娘は、開幕以来負けなしのマー君。あ、マー君なんか目じゃないか。

なんたって海釣りデビュー以来4年間負けなしだから!

栃木県小山市居住期の育成リーグ(鯉釣り堀)時代を含めたら、娘は都合6年間ほぼ負けなしだ。

マー君というより、ヒクソン・グレイシーだな(わかんねぇって?)!

仮に娘がマー君なら、オヤジはかつて鳴り物入りで入団し、『史上最強の大砲』と言われたのに、実際は『大型扇風機』として、ジャイアンツを大混乱に陥れた助っ人゛害人゛のトマソンだな。スポーツ紙じゃ『トマ損』とか書かれまくり、もうどうにもならねぇダメヤローだった(^O^)

息子を例えれば、球は速いが荒れ球でノーコン、良いときと悪いときの差が極端だった石毛博史だな(笑)。

ま、冗談はさておき、マジで今季は最悪の釣果に甘んじている。山本功児監督時代の千葉ロッテマリーンズの日本プロ野球ワースト記録である18連敗、或いはボルチモア・オリオールズの21連敗を抜く勢いだ。

これだけは何とか食い止めなけりゃならない。

娘に言わせると、監督である父ちゃんのプランニングと現地での采配が悪いらしい。

・・・う~、ぐうの音も出ねぇ(>_<)

今年の神奈川県のコンディションは史上最悪だ。

水温が高く、藻や赤潮に汚染されている。また、それらを洗い流す雨が降らず、栄養分や酸素が豊富な冷たい河川水の流入がない。

さらに、日本海流のルートが南下してしまい、相模湾の湾奥まで栄養分豊富な海流が来ない、酸素の少ない海水が停滞した海域には魚を寄せ付ける魅力がない。

今年はどう足掻いても神奈川県はダメだ(>_<)

小田原~二宮辺りを徘徊するゴマフアザラシのオダちゃん。彼は、海流がおかしくなって、トチ狂って相模湾に迷い込んだのだ。

こんな場所で爆釣などにべもない。

一、二回台風が直撃して、海を掻き回し、水を入れ換えてもらって、その後もう少し涼しくなったら、最後の悪あがきを、子供たちとしようと思う。

息子はともかく、娘は6年生だし、恐らくラストシーズンだと思うから。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1231-4cc1906d