今年も夏の甲子園が開幕したね♪

いやぁ、1980年代前半に、故・尾藤公監督が率いて一世を風靡した和歌山県立箕島高校が久しぶりに出てきたから応援していたけど負けちゃったね。

徳島の県立池田高校が水野雄仁を擁し、山彦打線で攻めダルマをやってのける前の、史上最強の公立高校だったんだけどな、残念!

我が地元神奈川はどうだ?

今年の横浜高校は『史上最弱』と言われ、春の県大会でも松井君率いる桐光学園にコテンパンにやられた。しかし、夏の県大会ではキッチリ借りを返しての代表だ。さすがだ。

さて、ウチの娘、『神奈川は190校も出てくるから県大会で疲れちゃって、どうせ甲子園では勝てないね!』とか、誰かの受け売りで生意気を吐かす。

意地悪な父ちゃん、娘にすかさずクエスチョン。

ガ『さて問題。神奈川県大会は190校がたった一枚の甲子園行きチケットを争ったんだけど、全部で何試合行われたか?』

娘『そんなのわかるわけないじゃん!』と、考えもしやがらない(^-^;

バ~カ! こんなの、計算も何にも必要ないんだぞ。要は考え方だ!

ガ『いいか? 190校から優勝する1校を決めるんだぞ。』

娘『そんなのわかってるよ!』

ガ『なら一瞬で答え出るだろ?』

娘『出ない!』

・・・わかってない。

ガ『優勝するのは全勝した学校だ。それはわかるだろ?』

娘『バカにしてんの?』

うん、バカにしてる(^O^)

ガ『全勝ってのはどういうことだ?』

娘『全試合勝つこと。』

ガ『全試合勝つってのはどういうことだ?』

娘『一回も負けてないってこと?』

ガ『そうだ。そこがわかれば、神奈川県大会は全部で何試合あったかわかるべ?』

娘『・・・。』

やはりバカ娘にはわからないらしい。

ガ『じゃあ、優勝校以外は全部負けたってことはわかるか?』

娘『当たり前じゃん!』

ガ『負けるにはどうすればいい?』

娘『試合しないとね・・・あ~っ! わかった!!』

そう、答えは『189試合』。

1チームだけが負けない。189チームは試合をやって敗れたのだ。だから答えは『出場チーム数-1』。

計算なんか何も必要ないんだぜ。

私立中学受験するような子供は、こんなの朝飯前で即答するんだぞ。

娘『私立受験しないもん。お父さんだってどうせお金払えないんでしょ?』

・・・負けた┐('~`;)┌
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1208-edda270b