2013.07.23 クロノグラフ
CASIO EDIFICE EQW-A1100D
先日、三井アウトレットパーク木更津のCASIOショップで買った腕時計、EDIFICE EQW-A1100D。結構気に入っている。

服装にも髪型にも何もかも無頓着なガキおやじにとって、腕時計は唯一意識するファッション。

価格が高ければいいと言うものではない。時間が正確であること、一瞬で時間を読み取ることが出来ることが重要。

コイツは電波ソーラーであり、時刻修正の必要がない。電池交換の必要もない。また、いわゆるクロノグラフの中ではシンプルなデザインで、指針を読み取る妨げにならない。デコデコのクロノグラフだと、肝心な時間が一瞬で読めないようなのもあるからね。

コイツは実はギミックがいっぱいあって、メカ好きには面白い時計だ。

ストップウォッチ機能は、単純計測はモチロン、ラップタイムを10本記憶し、その中のファーステストラップを呼び出すことも出来る。

電池残量も秒針で表示できる。さらに、1日6回タイムサーバーの電波を自動受信するんだけど、受信が成功したか失敗したかの表示も秒針で出来る。

ワールドタイム機能で、リュウズを回して現在地の都市に秒針を合わせるだけで時刻が自動的に修正され、受信する電波の周波数も変わるそうだ。

この時計、電子式リュウズのため、リュウズを引き出し、前後に回転させる事で、様々な機能を呼び出すことが出来るんだって。普通、リュウズと言ったら、クラッチみたいなもんで、1段引き出す、2段引き出すことでギアチェンジし、それぞれに割り当てたられた機能を操作する(普通は時刻修正のため針を回すだけ)ものだ。

電子式リュウズだと、前に回す、後に回すの他、1回転させた場合、2回転させた場合、3回転させた場合で呼び出せる機能が異なるらしい。

しかしガキおやじ、未だに説明書を一度も開いていない。何だか色々ありすぎてメチャクチャ面倒臭い。

ガキおやじにとって、ストップウォッチはいらねぇし、ましてやラップタイム10本記憶なんて一生使わない。

時間が分かればヨシ。電波ソーラーのため、時間が狂うことはないし、電池が切れることもない。きっとリュウズを引き出すことも一回もないだろうな(笑)。

んじゃあ、クロノグラフなんか必要ねぇじゃん。と思うでしょ?

・・・そこはホラ、何事も頓着しないガキおやじが意識する唯一のファッションなんだって(^o^;
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1191-238e5833