6/1(土)7:30起床。息子が先に起きていて、『今日は約束どおり自転車だよ!』と言ってきた。

『へ? そんな約束した覚えないんですが(笑)。それにお前今日野球だろ?』

聞くところによると、野球の練習はグラウンドの都合で、今週水曜日に急遽中止が決まったんだそうだ。で、今日は息子と自転車に乗って遊びに行く約束を俺がしたらしい。全然覚えてねぇ・・・。

娘は、以前通っていた海老名の小学校が運動会とかで、ひとりで電車に乗って海老名へ出かけた。

なので、父ちゃんはいそいそと準備を整えます。息子が『大和ふれあいの森』に行きたいというので、ポタリングにはちょうどいいな。片道7~8kmだし。

大和・ふれあいの森を目指し、10:00出発。
↑10:00出発。とりあえず国道467号線をひたすら北へ。

途中、熱帯魚ショップ『ハッピー・ナナ』でお買い物。
↑途中、桜ヶ丘と大和の中間あたりにある、アクアリウムのプロショップ『ハッピー・ナナ』へ。水質調整剤が底をついてきたので補充しようかと。

しかし・・・土日祝日は開店11:00だって(平日は正午開店)。んー、開店までまだ40分以上あるな~。。。と思っていたら、開店準備中の店長、水草レイアウトアクアリウム界の巨匠・渡辺さんが出てきて、『生体じゃなかったらもう準備できてますのでいいですよ』と、店を開けてくれた。ありがとう!!

ここで、エーハイム・水質調整剤『4in1』(500ml 980円)を一本買って、再びふれあいの森を目指します。

10:45、ふれあいの森到着。売店で買ったチーカマを食べながらチョット休憩。
↑10:45、ふれあいの森に到着。売店でチーカマ買って一休み。

引地川源流から数100m下流地点。
↑『ふれあいの森』は、引地川水源地周辺の保護のために整備された『大和泉の森公園』の中にあり、『泉の森(北部の水源地)』と『ふれあいの森(南部の親水エリア)』の2エリアに分かれています。この写真の場所は水源地から数100m下流のあたり。川に降りることもでき、バーベキューができるエリアもあります。

先ほど紹介した『ハッピー・ナナ』の渡辺店長は、この公園の生物監修もしていて、アジサイの葉を食い荒らす蛾の幼虫対策や、子供を対象にした生物観察会など、精力的に活動されていらっしゃいます。

今は、大スズメバチが挙って営巣する時期だそうで、森の奥には今の時期は入らないほうがいいと忠告を受けました。

川に入って魚を獲っているオヤジを羨ましそうに眺める息子。
↑川に入ってハゼやモロコなどの小魚を網で掬っているオヤジを羨ましそうに眺めている息子。川に入りたくてたまらない様子。。。

さて、川に入ることはかなわなかった息子ですが、『この近くに釣り堀があったよね~、釣りしたい!!』と言うので、期せずして『草柳園フィッシングセンター』で釣りをすることに。う~、息子のヤロー、覚えてやがったな。。。

草柳園フィッシングセンターでガチンコ釣り対決。 金魚池で60分一本勝負!!
↑じゃあ、1時間だけな。金魚池で真剣勝負しようぜ!! 金魚池は貸し竿、練りエサつきで1時間600円/人。

急遽、シングルマッチ・ノンタイトル戦・60分1本勝負のゴングが打ち鳴らされました!!

練り餌の扱いに苦戦する息子。
↑練り餌の針付けに苦労し、さらに一投ごとにエサがなくなる状況に、息子ははじめのうちは大苦戦。

何とか一匹釣り上げます。
↑30分以上経過して、ようやく1匹釣り上げます。

対する父ちゃんも、カエシのない極小針をイジルのは久々で、練り餌に大苦戦(笑)。

60分終了時点で、まさかの2-2のドロー。

金魚池で一時間2匹って有り得んだろ!!

・・・って訳で、延長戦に突入!!(笑)

延長戦に入ってから、父ちゃんも息子もコツを掴んだようで、畳みかけるようにポイントを重ねます。120分、時間いっぱいまで粘りました。

息子は真っ赤な金魚6匹。
↑息子の釣果。真っ赤な金魚6匹。

父ちゃんの釣果。金色の鯉と黒いマブナを含めて9匹。
↑父ちゃんの釣果。金色の鯉、黒いマブナを含め計9匹。

・・・延長戦と言う反則技を使い、父ちゃんの辛勝(笑)。にゃはは、結局プレイ代2,400円もかかっちまったい。

息子は、今度は海でウキ釣りしたいと吐かしやがった。。。にゃはは、海のウキ釣りはそんなに甘かぁねぇぞ。

期せずして釣り対決となりましたが、息子は大満足の半日遊びとなりました。

【本日の走行ルート】
総走行時間・1時間7分
走行距離・16.1km
総走行時間1時間7分、走行距離16.1km
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1141-9c5de701