俄には信じ難いのだが、今日日の小学生は、一人で電車に乗れないそうだ。

6年生の娘に聞いてみたが、やはり一人では乗れないという。目的地が何駅で、そこへ行くにはどうやって電車を乗り継ぐのかわからないのだそうだ。

今日、2年生の息子が遠足だったんだけど、みんなで電車に乗ったそうだ。

たった2駅。乗り換えなしの駅前公園だ。

・・・電車に乗る練習なのか?

ガキおやじが子供の頃は、少年野球チームの試合なんかの時でも、現地集合・現地解散が当然だった。

みんな電車・バスを乗り継いで試合会場まで行ったものだ。

親たちが車を出すなんて事は考える事すらなかったはずだ。

当時は車を所有している家はリッチマンだったからな。ウチにも車はなかったし(^-^;

夏休みや冬休みなどは、一人で電車を何回も乗り継いで、3時間以上かけて横浜から栃木の祖父母の家に泊まりに行ったもんだ。

今の日本は、子供を一人で歩かせないようにするよう教育しているようだ。

・・・こんなんでいいのか?

子供が外出する際は、500円玉一枚しのばせて、有事の際に何かあっても自力で帰って来られるようにしてやるのが親ではないのか?

どこに行くにも親が送り迎えするのが正しいのか?

当然、昔と違い、今は巷間にはキチガイやヘンタイがたくさんいるから、安全上必要なことはわかる。

しかし、だからと言って、子供が一人で電車に乗れなくても良いということにはなるまい。

俺たちの頃は小学3年生くらいから、クラスの仲間と電車に乗って海釣りに行ったもんだ。

母からは昼飯のおにぎり2個と、交通費・現地でのジュース代として500円札一枚と、何かあった場合の公衆電話代として10円玉を数枚持たされた。

みんなそうやって頭の中に地図を形成して行ったもんだ。社会勉強だよ!

電車の乗り方、乗り換えなんかは自分で調べたもんだ。

今は子供だけで電車に乗せる親なんてクレイジーなんだそうだ。

・・・バッカじゃねぇの?
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1104-f433bc57