侍ジャパンは、ひとりの野球好きの中年オヤジに二週間もの間、仕事への気力を根こそぎ奪い、夢と希望を与えてくれました。

世界第3位。素晴らしいじゃないですか!

3位決定戦なんて野暮なことする必要ないね。

プエルトリコはやはり強かったってこと。アメリカを破り、初の決勝トーナメント進出だもん、勢いが少しだけ日本を上回ったんだな。

こうなったら、明日はオランダに、ドミニカ初黒星をつけてもらって、プエルトリコvsオランダという、ブックメーカーの腰が抜けてしまう超高ODDSのファイナルカードに期待します。

ぎゃはは! 裏社会では今頃大騒ぎだろうな(^O^)

侍ジャパンの皆様、誇りを持って堂々と、笑顔で凱旋して下さい。

ペナントレース開幕を控え、怪我人が出なかったことが何よりの朗報です。

メジャーリーガー不在でここまで勝ち進めたんですから、ニッポンの野球は世界トップレベルであることを証明できたじゃないですか!

・・・それにしても、一次ラウンドから日本代表の試合を全イニングTV観戦してきたガキおやじが、今日だけは見ることができなかったのがとても悔しい。

チタン君と妻が戦況を逐一メールくれたけど。お二人さん、あんがとね!

素晴らしきかな侍ジャパン。感動をありがとう。

ガキおやじは個人的には、ブラジルと台湾の健闘に心を打たれたね。

特に台湾には、日本人が忘れかけていた、『清く正しく爽やかなスポーツマンシップ』を改めて教えてもらった気がするね。

ブラジル、台湾は、第4回WBCでは、優勝争いの一角に躍り出るに違いない。期待しています。

さて、侍ジャパン。この大会を通じて、『IBATA』、『MAEDA』の名前が全世界に轟いたことでしょう。

特に井端選手には、野球人生の晩年を飾る、素晴らしい国際大会となったことでしょう!

・・・ペナントレース開幕するとまた井端にやられるんだぜ、我がジャイアンツは・・・。

ホントに中日の荒木、井端、森野、大島キライ(^O^)。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1066-926681bb