侍ジャパンは当然のようにオランダを撃破したね。

しかし、相性ってのがあるのかね~?

日本が勝てなかったキューバを連続撃破したオランダが、日本が相手だとまるで歯が立たない。

やっぱピッチャーの総合力が全てだよな。

オランダの打力は日本よりもはるかに優れている。しかし投手力は段違いに日本が上だ。

貧打でも制球力が良い投手陣を擁するチームが最終的に勝つ。しかし、良い投手はひとりだけではダメ。連戦を強いられる短期決戦では完投は難しい。どうしても継投がキモになる。ひとりの突出したスーパースターなんかいらない。投手力の平均点が高い方が勝つ。日本は、投手力のアベレージで言えば世界最高だろう。

準決勝は、pool-2の二位との勝負となった。アメリカかもしれないし、イタリアかもしれないし、ドミニカかもしれないし、プエルトリコかもしれない。

まぁ、どこが相手でも、ブンブン振ってくるチーム相手なら、やはり軟投派が良い。

準決勝の先発は前田健太に決まっているようだが、継投は能見-摂津-森福-牧田が良いね。徹底的にコントロール重視。先発が前田なら、右-左-右-左-右のジグザグ継投。

そしてそして・・・決勝はマー君先発で行っちゃう? 日本中が盛り上がるよ、きっと。
Secret

TrackBackURL
→http://yoemon.blog77.fc2.com/tb.php/1058-2789ca8b